スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

長女自身の希望校

スクール見学に行ってから、長女はウキウキ、私はウツウツ(憂鬱)、そしてお天気も雨がポツポツ。

昨日からまたインターについて調べまくり今日は寝不足です。
市立図書館にインターナショナルスクールに関しての書籍を予約(最寄りの図書館に届くとメールが入り知らせてくれます。便利だわ~♥)をし、片っ端からインターについて調べています。

4年ほど前だったか一時期インターの幼稚園部に入れたいなと思った事があり、実際にスクールへ問い合わせたり、調べまくったりした時期もあったのですが、あの時の私の判断は、
「インターなるもの生まれも育ちも日本である生粋の日本人には必用ない」ということでした。

だってそもそもインターって在日外国人のお子様達が、日本の学校にもなじめないだろう、本国に帰国した際に授業等についていけないと困るだろう、そういうことで出来たので、日本人が英語を習う為だけに行く場所ではないのです。
英語を習う所ではなく、英語で学問を受ける所なのです。

日本人には日本の教育が必用不可欠で、それを避けて何が英語だ~!!
英語より先に日本語でしょ~!!!
と「英語を子供に話させたいからインターに行かせるの」というママ達に、「いや、それは違うでしょ」と心の中でつぶやいていました。(つぶやくだけです密かに心で)

母語より第二国語能力が劣るのは当たり前の事なので、まずは母国語の力をつけなけりゃ~。
それに英語って大人になってから、いえ、おじいちゃんおばあちゃんになっても身につける事の出来る言語だと思っています。
現に大人になってから英語をやり始め、ペラペーラの人もたくさんいますから、わざわざそれを目的でインターに入れる人なんて、ほんと信じられない。そう思ってきました。

が、実際にインターにお子さん達を通わされているママ達を見ると、確かにちょっとミーハー的な方もいらっしゃたりもしますが、大部分の皆さんが真面目に教育の事を考えておられるという事を知りました。

日本の公立がどんどん悪くなり、私立小中に入るのはますます難しくなっている。
学校崩壊。この言葉を聞かない日はないくらい毎日のように報道され、日本の学校を不安に思う人も多いはず。
だってあの皇室の方々が行かれている学校でさえ、いろんな問題があるくらいですから。



話はそれましたが、娘達の通うスクールのママ達も、どの方もとても真剣にお子さん達の教育の事を考えて通園されてるように思います。

私も入園するまでは「英語の保育園に通わせている保護者って、親の見栄の為に入れている人が多いのでは?」と思ったものですが、実際に入ってみるとそういう親って私の知る限りいません。

でも周りからは
「お金持ち保育園」
「あんなとこに入れて一体どうするの?」
「お子さん英語ばっかりやって日本語しゃべれないんでしょ?」
「外車じゃないとダメなんでしょ?」
「見栄っ張りの成金の人の子が多いんでしょ?」
「どーせ、小さい頃にやってる英語なんて小学校に入ってしまったら忘れちゃうのにバカみたい」
挙げ句の果てには「一体子供をどこに向かわせようとしてるの?」
と様々な批判を受ける事があります。

そうこの「みんなが右むきゃ自分も右向け」と皆と同じじゃないとダメだと言われるこの日本で少し人と違う事をするのはとっても勇気のいることですが、でもこの「皆と同じじゃないとダメ」っていう考え方をそろそろ日本人も変えて行かなきゃ日本の未来は暗いのじゃないかと思います。

こないだ行った公園で子供達と遊んでいると続々と集まって来る小学生。
「おぉー、やぁ~」と挨拶を軽く交わしたあと、バッグから取り出した物はゲーム。
そして皆口も聞かず黙々とそれぞれのゲーム機で何やらゲームをしてる。
全く一言もしゃべらないんですよ~。

そして1時間後、「じゃあまた~」と解散。

なんなんだ~この集団。
お友達と会って、話した言葉「やぁ」だけ。
しかも公園で。

あ~なんて不健康な。
と友人に訴えると「公園でやってるだけ(お日様に当たってるだけ)ましじゃない?普通家でするから」と。
これからの将来を担う若者達はこれが普通らしいです。

皆が持ってるからゲーム機を持たないと皆の中に入って行けない。
いじめられる。

なんだそりゃ~。

似たような事は娘達のスクール内でもあります。
あるママがお子さんに何かちょっと変わった問題集をしているのをみると「うちもしなきゃ」とこぞって同じ問題集を買い求める。
何か行事があっても「おたくいくの? えっ行かないの? じゃあうちもやめとこう」
そんなの自分が参加したければ参加し、そうじゃなければ参加しなかったらいいじゃない。
親がこうだから、そりゃー子供も「皆と一緒じゃないと不安」そうなっちゃいますよね。

あ~なんか間違っているよ~この日本。


何が怖いって、未来をしょってたつ日本の中高生の無気力な子が多い。って事。

「夢は?」ー「特にない」
「したいことは?」ー「別に」
「どうして勉強するの?」ー「親がうるさいから」
「大学に入ったら何したい?」ー「遊びたい」

大学ってそもそもお勉強する所なのに(私はちゃんと勉強しましたヨ)、遊んでいる子の多い事。
親も「大学に入ったら思いっきり遊んでいいから」と子供のお尻を叩いて勉強させる。
それって違うでしょ~。
大学でこそ自分のしたい勉強を初めて自由に学べる所なのに、大学生の多くはいかに休むか、いかに遊ぶか、いかに楽して卒業するかそんな事しか考えてない。

もちろん真面目に学問を追求している大学生もたくさんいますが、そうでない大学生が多すぎる。
もっとお勉強してよ~日本の大学生~。
そうじゃないとこの日本潰れちゃうよ~。

そう思っているのは私だけじゃないはず。

関東では、2人に1人が小学or中学受験をするというこのご時世。
ブランドのカバンを持つように、難関校と呼ばれている学校の制服を着た子供を連れお買い物するのが親のステイタスみたいなところがあるとよく聞きますが、本当にそうなのかな?
皆子供の教育に真剣なのでは?

教育に真剣な親とそうでない親に開きがありすぎるんじゃないかと思います。
なのでどんどん公立小中は荒れて行き、私立の小中学校の受験が激化しているのではないかと思います。

小学校のお受験、ほんと大変。
この3年間ほぼ毎日お受験プリントを長女にさせてきた私が言うんだから間違いない。笑
志望校に合格するには我が子の背丈より多くのプリント(床から積み上げて)をさせないと無理。と言われているのですが、私も毎日お受験プリントを長女にさせていて、「こんな問題本当に子供に必用?」と疑問に思う事も多かったのです。
プリント学習が嫌いじゃない長女もお受験プリントだけは嫌がる事も多かったです。
なので、だいたい基本的なプリントが終わった時点で、きっぱりやめましたお受験プリント。
「もういいや、こんなことこれ以上長女にさせたくない。現時点で受かる小学校に行ければいいや」そう思いやめました。

マニュアル化されたような問題は解け、面接も完璧。
周りから見ると優秀で素行もいい。
でも本当にそれでいいのかなぁ。

お受験服というものが売っていて、女の子は紺のワンピースでボレロ、親は紺のワンピーススーツでボタンはくるみボタンというのがお決まりになっています。
なので受験会場は皆同じ格好の親子(まるで制服?!笑)。

ちなみに我が家の選んだお受験服は、紺のジャケットにグレーのプリーツスカート+白のブラウスです。
私のスーツは普通の紺のスーツ(前から家にあった)
お受験服に決まりはなく、きちんとした服(ジーンズとかじゃなく)だったら別に何でもいいそうなんです。
学校側も服装で決めているのではないので。
でも「皆と同じじゃないと不安」な私たち日本人は蓋を開けてみると親子揃って同じ服装。

お友達に我が家の服装の事を言うと「えっ? 皆と同じじゃなくて大丈夫? 皆と同じ方がいいんじゃない?」と。
「だって面接官を不快にさせないきちんとした服だったら別に何でもいいと思うけど」と反論すると
「でもそれで落ちたらどうすんの?」と。

だから~どうして皆と全く同じ格好しないといけないのよ~。
しかもすんごく高いのよお受験服って。
足元見ちゃってさ~。笑

出来たら長女の通うスクールの制服で受験にのぞみたいと思っていたほど。
でも正直言うと、買ったのは紺のジャケットだけ。(大きな声では言えないけれど)
グレーのプリーツスカートと白のブラウスはスクールの制服なんです。

高校の受験には中学校の制服でのぞむ事が多いのに、どうして小学受験は幼稚園の制服じゃダメなんでしょ~?
どこの幼稚園に通っているから御法度と言う事なんですが、どこの幼稚園に通っているかが分かるとダメなんでしょうか?
うーん未だによく分かりません小学受験の面接って。

とにかく、今は長女の受験勉強から解放されホッとしているところもあります。

お受験って小さな子に必用なものなのかそうでないのか今もまだ分かりません。
が、あのプリントは・・・不必要な気がします。

もっともっと幼児期にしないといけない事はあるんじゃないかって思います。




そ、ん、な、こ、と、よ、り、

長女の小学校どうしよぉ~ぉぉぉ。
本人は行く気満々で私の母にも「あのね~小学校ねイングリッシュのところに行くの~」と嬉しそうに言っている長女。
夫T男君にも「あのね~イングリッシュの小学校行ってもいい?」と聞く長女。
なんでそんなに英語の小学校がいいの?と聞くと

「イングリッシュでいっぱいいっぱいお勉強したい」とニコニコ笑顔で答える長女。
きっと彼女勉強の大変さが分かってないんだわ。
私もきっと小学生になる前は「お勉強いーっぱいしたい」な~んて言っていたのでしょうね。

「イングリッシュの小学校に行くということは、もっともっとイングリッシュ頑張らないといけないし、それと同時にジャパニーズも頑張らないといけないんだけど大丈夫?漢字も覚えれる?」と聞くと

「漢字全部覚える!!」とやる気満々の長女。
漢字なんて全部覚えれるわけないやん。と心の中では思いながら「そっ、そうだね」と答える私。

あ~なんかもうインターに行く方向で話が進んでいるように思うのですが。。。

だけど実際インターに行くとなると、教育委員会に申請しないといけないし(申請用紙ゲットしてきました。えっ?気が早い?それはいつものことです。何しろ全部徹底的に調べないと気が済まない性格なので)、もしかしたら教育委員会から呼び出されることもあると思います。

それにインター小を卒業し、公立中学に入学することができないので、もしインター小を卒業後インター中高に進まないならば、私立の中学にしか行けないことになります。(要受験ってことです)

もし中学から公立を考えるならば、小学6年生の2学期から地元の小学校に戻る(転校)ようにしないといけなくなるそうです。
インター小を卒業しても日本の制度ではそれは小学校を卒業したと認められないので(フリースクール等もそう)、公立の中学には進級出来ないそう。
でも小学校の間ならばインター小から公立小には編入(転校?!)出来るようです。

なんだかこの辺もややこし~。

地元の小学校、インター小学校、どちらかを選ばないといけないだなんて究極の選択だわ~。
どっちも選べない~(≧д≦)
関連記事
スポンサーサイト
14 : 57 : 05 | 長女 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<長女捻挫? | ホーム | 長女の小学校について>>
コメント
お久しぶりです。いろいろと悩んでいらっしゃるようで大変ですねv-388
今年ようやく私立の幼稚園(といってもお受験ではなくふつーの幼稚園です)に入園したISSEYですが、小学校は受験する予定です。まあ私が行かせたい学校があるためではあるのですが、もしそこがダメだとしても公立の越境か?他の私立へ入れるか?(どちらにしてもまた中学は受験になりますが・・・)のどちらかになると思います。要するに、M子さんと同様、地元の小学校に入れたくないんです・・・。だから気持はよぉーっくわかります。選択の余地があまりないと余計につらいですよねえ。。。
いっそのこと次女ちゃんがインターを卒園したら、ご主人のいらっしゃる所へ引っ越されて、長女ちゃんもインター→公立小へ移るというのはどうでしょうか?そうしたら中学からは更に選択肢が広がるような気がして・・。
長女ちゃんの希望を第一に考えてあげたい親の気持ちもありますが、ご家族みなさんが一番いい形になるような結論が出るといいですね。
by: TEN * 2010/04/12 19:11 * URL [ 編集] | page top↑
N子ちゃん本人がそれだけインターに通ってみたいならそれはそれで良いんじゃないかなって思うよね。っていうか・・今まで公立の日本語環境の幼稚園に通ったことないんだもの。そりゃインターの方に行きたいって思うのは当たり前かもしれないよね。私も、インターから始めて、後に北陸の小学校に転校っていうのが一番落ち着く選択のような気がするんだけど、そこで一つ気になるのは、途中から日本語環境の公立の小学校に転校するって言うのは精神的に負担にならないのかな?だって、うちの子がいきなり小学3年生(ついでにその時はNZではすでに4年生)とかでいきなり初めて日本の小学校に通う・・・ってことと大差ないよね。うちみたいに2ヶ月くらいの体験通学なら全然問題ないんだけど、転校となるとちょっと違うかな・・?でもまあ、子供ってびっくりするくらい適応能力があるから大丈夫なのかもしれないけど・・。ところで単身赴任中のT男さんはどう思っているの??

by: メイン家のママ * 2010/04/12 23:48 * URL [ 編集] | page top↑
TENさん & メイン家のママさんへ
★TENさんへ

TENさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

も~日ごとに、いえ時間毎に私の気持ちがあーでもないこーでもないと変わるものですから、とってもしんどい日々を過ごしています。
本人はインターに行く。と思い込んでいるので楽なようですが(^-^;

イッセー君ももう幼稚園なんですね~。
早い~。
こないだ生まれたばかりなのに。

ほんと、子供の進路って悩みますよね。
特に小学中学というのは親の意志によって変わって来るようなものなので、責任重大ですよね。
次女が卒園と同時に北陸へ行くのが一番自然な流れなのかもしれませんね。
その頃パパは一体どこに住んでいるのか?まだ北陸にいるのかそうでないのか。
先が読めないので、子供達の進路も心して決めないとと思うのですが、思うだけでなかなか決められません。
TENさんのお住まいの所だったら選択肢がたくさんありそうなので本当に羨ましいです。
TENさんまた相談に乗ってくださいね。
ありがとうございます。


★メイン家のママさんへ

メイン家のママさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

ほんとメイン家のママさんのおっしゃる通りかも。
インターへ行き次女の卒園と同時に北陸の公立小学校へ。
これが一番家族にとっていい選択なのかもしれませんね。
次女が卒園する頃にはルークも違い世界にいってそうだし、住まいの制約もそうなるとなくなり、賃貸物件を探し易くなりそうです。
北陸なら私立小も、インター小も、国立小も、公立小も全部揃っていてますます選択肢が増えそうです。
ほんとそれが一番いいのかも。

えっ?うちのT男君?
「長女のしたいようにしてやったらいいんじゃない?」です。
基本的に私と長女に教育の事は任せてくれているので、余計に責任重大です。

by: えむこ * 2010/04/13 01:07 * URL [ 編集] | page top↑
ミクシーつながりでこちらのブログを読ませていただいていたんですが、初めてのコメント失礼します。
もう、私が過去に悩んでいたとおりの事を書いていらっしゃるので共感しまくってます。
うちの長男もキンダー卒(といっても日本人向けのスクールでしたが)で英語の小学校に行きたがっていたし、本人のキャラクター的にも欧米系のスクールの方が向いているのでは、と当時は感じていました。
でも、やはり私もM子さんのようにいろんな書籍を読みまくり、ネットで調べまくり、いろんなバックグラウンドを持つ親御さんから話しを聞いたりして、結局今は日本の小学校に通ってます。3年生になりました。地元の公立小学校です。たしかに入学してすぐに悪い日本語もたくさん覚えてきたりラフな行動もするようにはなりますが、基本的に親がしっかりとしたポリシーを持っていれば大丈夫なのでは?とも感じています。例えば、周りの友達がみなテレビゲームをもっていてもうちはNo means no. で通しています(その代わりネットで英語のゲームは勉強後にさせてあげてますが)。でもそうしているうちに外遊びが好きな子と群れて遊んだり、よその家庭でも友達と遊ぶ時にゲームは雨の日以外だめ、とかルールを作ってくれているようです。
幼稚園児の意見を尊重するといっても視野がせまいし感覚でものを言っているので難しいのでは??
私は子供をインターに行かせるなら大学は海外、それで外国人と結婚して海外永住する可能性もアリ、くらい将来を想定して考えてました。
ですが現実的にお金の問題、日本語の問題、それにお墓の問題まで考えました。
学校に多くを求めないでいると自分の気も楽になるかも・・うちは公立小に行かせているため浮いた(?)学費を習い事等に使ってそこでの出会いや経験も大切にしたりしてます。それにどこの小学校にも大なり小なり問題はあるものだと思います。
長いコメント失礼しました。悩みすぎないでね!
by: みかりん * 2010/04/13 08:57 * URL [ 編集] | page top↑
みかりんさんへ
みかりんさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

みかりんさんも同じように悩まれた時期があるんですね~。
そうどこの小学校も長所も短所もありますよね(^-^)

今年中にはどっちの学校を取るか決めないといけません。
長いようであっという間に終わりそうです。
長女にとってベストな選択をしてやりたいのですが、未来は誰にも分からないので今の所どっちがいいのかも分かりません。
もっともっと色々考えて結論を出そうと思います。
みかりんさん、どうもありがとうございます。
とても参考になりました(^-^)
by: えむこ * 2010/04/13 09:19 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maru131.blog62.fc2.com/tb.php/501-cc2fa2e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

えむこ

Author:えむこ
☆私:主婦
☆夫T男:マイペースな典型的O型人間。結婚してからお料理の腕をめきめきあげ、今じゃいつでも主夫出来るほど。育児も完璧でまるでママのようなパパです。
☆長女N子:8歳小2。プリスクールに1歳から5年と5ヶ月通い卒園。現在私立小学校に通っています。性格は夫と同じくかなりのマイペース人間。英語の上達もお勉強もかなりマイペース(^-^;。現在英検2級に挑戦中。
普段は穏やかな海のように心が広くて優しい。がたまに嵐になることも。

☆次女K子:5歳年中。1歳10ヶ月から長女と同じプリスクールに通い始めました。英語は長女より覚えが早そうです。が、ほとんど英語を話している姿を見る事はありません。彼女の口から出るのはバリバリの関西弁のみ。英語で話しかけても日本語で答えます。英検5級をいつかは受ける予定。
長女と正反対の性格で、かなりのお転婆。毎日手をやいています。まるで火の妖精のごとく激しいです。

☆ルーク:10歳。英国系のフラットレトリバーですごく良い血筋でありながら、天然ボケボケ。お留守番はすご~く苦手で分離不安症という精神病をずっと患っています。いろんな事を試し、ようやく4時間お留守番が出来るようになった。カモ?!性格だけは良く、生まれてこのかた他の犬に噛まれても何をされても怒ったことはありません。虫さえも友達だと思っているフレンドリー犬。フレンドリーすぎて嫌われてしまうことも多々あり。この10年大きな病気をせずに元気でいてくれてることに感謝。でも怪我での受診はとても多いです。

カレンダーと過去の記事

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

我が家の関係サイト

カテゴリ

我が家の本棚&お買い物リスト (1)
未分類 (71)
ホストファミリー (4)
病気、怪我、矯正 (126)
お知らせ (27)
私 (14)
夫 (7)
長女と次女 (22)
お買い物~ (37)
次女 (29)
ルークと子供達 (26)
長女 (46)
お出かけ (22)
プリスクール、小学校 (18)
イベント (5)
DIY、手作り (8)
インテリア、雑貨 (31)
ルーク (28)
母乳育児 (6)
妊娠・無痛分娩 (56)
ルークの分離不安症 (37)
コストコ (4)
子供達のグッズ (54)
プライベートページ (28)
英語 (31)
携帯電話から (200)
我が家の関連サイト (1)
本、ワークブック、その他教材 (21)
チャレンジ(進研ゼミ) (6)
毎月のプライベート写真&動画集 (31)
いただきもの (17)
習い事 (1)
小2レベルの本 (2)

我が家の本棚

アマゾンで購入した本やグッズ達。クリックすると詳しく見れます。

最近の記事+コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。