スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

またまた大事件です

前に私がお手洗いに行っている間に転倒し持っていた鉛筆で眼球から出血し救急病院へ駆け込んだ次女にまたまた事件が。
ルークのトイレに行き戻ると目をつぶっている次女が。
目の周りはギトギト。
ノリが目に入ったようでした。
もーうと思い拭こうとおもいきや、それがノリではなく大量の強いストロイド軟膏だと気づきました。
目はあかないほど塗りたくり、目が痛いと訴える次女。
慌ててネットで調べると、失明の可能性があるとかないとか。
一気に血の気がひきました。
消防署に電話すると県内で眼科の当直医がいる病院がひとつだけあるとのことでお電話すると、眼科医の診察は今から可能だが、初診はみれないとその病院の事務のおじさん。
はっ?意味不明。

眼科医が当直でいるのにみてもらえない。

じゃあ対処法を教えていただきたいので状況をお伝えするのでお聞き願いたいと頼みましたが、それもできない。
ドクターに直接電話を回すことも、対処法を聞くこととできないと。

一体なんの為の当直医?なんの為の大学病院なのよ!!ほんと今日ほど頭にきたことはありません。

なすすべはないのでしょうか?と聞くと、きっぱりありません。と。

かなり丁重に冷静にお願いしましたがだめでした。
きっとドクターは電話をつないでくれさえすれば答えてくれるはず。
対処法を聞いてもくれない事務のおじさん、それが病院のシステムなのかどうか分からないけれど、それって絶対おかしい。
おかしすぎるー!!!
眼科医がすぐそこにいるのにみてもらえない。
聞いてももらえない。
自分自身がいざというときの対処法を学ぶしか手だてはなさそうです。

結局どうすることもできず、ネット等で調べ、目を洗浄し、明日の診察を受けに行く予定です。
いつものびょういんの薬剤師さんが調べてくれたところ、兎の眼球に軽いステロイドを入れても失明はしていないという実験データーがあるということなので、それを聞いてひとまず安心しました。
でも強いステロイド剤だと分からないとの事。
ドッヒャー。


ステロイド軟膏は次女が手に届かないところにもちろん
置いていました。

が。台の上に台をおき、薬箱を取っていたんです。

とにかく今日は精神的にへとへと。

また続きはゆっくりと。
関連記事
スポンサーサイト
00 : 08 : 29 | 携帯電話から | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<眼科 | ホーム | パパからの愛情不足?!>>
コメント
え~っっ!?だ、大丈夫!?それにしてもステロイドって・・の含有量にも寄ると思うけど、目って、他の部分と違って、浸透性が凄いから怖いよね。次女ちゃん、鉛筆が眼球に刺さったって言うのもかなりショッキングだけど、今回もまたまたM子ちゃんの心臓に悪いね・・・。何で目に塗っちゃったんだろうね・・・。顔に塗るつもりが目に入って、擦ってたら余計に入っちゃったって感じかも知れないね。

それにしても、どこの眼科医なの!?なんで内線繋げないの??っていうか、近くに救急病院はないの?NZみたいに総合して何でも聞けるGPとか、ヘルプラインとか、そういうのが日本にもあるはずでしょ~!?特に小さい子供がいる家庭は何かあったとき本当に心配だよね。何事もなく、また早くちゃんと診療してもらえますように。
by: メイン家のママ * 2010/03/15 10:01 * URL [ 編集] | page top↑
メイン家のママさんへ
メイン家のママさんこんにちは。
コメントありがとうございます。
も~ほんと心臓とまりかけました。

目の上がねちょっとアトピーみたいな感じになってたのよ。
だけど強いステロイドを使えないから、少し弱いステロイドをあとでぬってやろうと思っていたら、本人「どうして体にだけ塗って目の上には塗ってくれないのよ~かゆいのに~」と自分で塗ってしまたようです。
一本まるごと(^-^;

近くの消防署に問い合わせるとその日の当直医のリスト(病院名とその専門医)があり、そこに患者が直接問い合わせみてもらうという仕組みです。
もちろん電話をかけても今回みたいにNGのところはあります。
近くに日赤とか大きな病院はあるけれど、そこもみてもらえないのよ
「今日は眼科の先生はいないので」で終わり。
救急車を呼ぶしか方法はないのです。
そしてホットラインのようなところもせいぜい看護士さんが出るくらいだし、責任問題等もあり詳しく何も教えてくれないの(T▽T)
だから日本ではよくたらい回しになって亡くなる人がいる。
病院がありドクターもいるのに受け入れてもらえないことも多いのよ~救急車で行っても。
内科や外科の当直医は結構いろんな病院にいるし、夜間救急病院なんかもあるのでみてもらえるけれど、整形外科、眼科その他の科は日中以外はほぼなし。
この医療制度どうにかしてほしい。
せめて県に1カ所くらいはどの科も24時間あいている。そんな病院を作って欲しい。

それにしてもうちの次女。
二度ある事は三度ある。
いつか失明しそうで怖い。

今回ドクターに電話をつないでもらえなかったのは大学の附属病院(ERもある病院よ)。
最悪、初診はダメだと言われるなら、その病院まで行って、病院の前で救急車呼んでみてもらおうと思ったくらい。
日本の医療制度どうにかならんかねぇ。。。
GPという制度はないし、ホットラインもあてにならないのが現状なのよ~(T▽T)
by: えむこ * 2010/03/19 18:56 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maru131.blog62.fc2.com/tb.php/479-db5ee17c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

えむこ

Author:えむこ
☆私:主婦
☆夫T男:マイペースな典型的O型人間。結婚してからお料理の腕をめきめきあげ、今じゃいつでも主夫出来るほど。育児も完璧でまるでママのようなパパです。
☆長女N子:8歳小2。プリスクールに1歳から5年と5ヶ月通い卒園。現在私立小学校に通っています。性格は夫と同じくかなりのマイペース人間。英語の上達もお勉強もかなりマイペース(^-^;。現在英検2級に挑戦中。
普段は穏やかな海のように心が広くて優しい。がたまに嵐になることも。

☆次女K子:5歳年中。1歳10ヶ月から長女と同じプリスクールに通い始めました。英語は長女より覚えが早そうです。が、ほとんど英語を話している姿を見る事はありません。彼女の口から出るのはバリバリの関西弁のみ。英語で話しかけても日本語で答えます。英検5級をいつかは受ける予定。
長女と正反対の性格で、かなりのお転婆。毎日手をやいています。まるで火の妖精のごとく激しいです。

☆ルーク:10歳。英国系のフラットレトリバーですごく良い血筋でありながら、天然ボケボケ。お留守番はすご~く苦手で分離不安症という精神病をずっと患っています。いろんな事を試し、ようやく4時間お留守番が出来るようになった。カモ?!性格だけは良く、生まれてこのかた他の犬に噛まれても何をされても怒ったことはありません。虫さえも友達だと思っているフレンドリー犬。フレンドリーすぎて嫌われてしまうことも多々あり。この10年大きな病気をせずに元気でいてくれてることに感謝。でも怪我での受診はとても多いです。

カレンダーと過去の記事

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

我が家の関係サイト

カテゴリ

我が家の本棚&お買い物リスト (1)
未分類 (71)
ホストファミリー (4)
病気、怪我、矯正 (126)
お知らせ (27)
私 (14)
夫 (7)
長女と次女 (22)
お買い物~ (37)
次女 (29)
ルークと子供達 (26)
長女 (46)
お出かけ (22)
プリスクール、小学校 (18)
イベント (5)
DIY、手作り (8)
インテリア、雑貨 (31)
ルーク (28)
母乳育児 (6)
妊娠・無痛分娩 (56)
ルークの分離不安症 (37)
コストコ (4)
子供達のグッズ (54)
プライベートページ (28)
英語 (31)
携帯電話から (200)
我が家の関連サイト (1)
本、ワークブック、その他教材 (21)
チャレンジ(進研ゼミ) (6)
毎月のプライベート写真&動画集 (31)
いただきもの (17)
習い事 (1)
小2レベルの本 (2)

我が家の本棚

アマゾンで購入した本やグッズ達。クリックすると詳しく見れます。

最近の記事+コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。