スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

シャンプー

IMG_6807.jpg
天気予報をみると天気が良さそうだったので、ルークのシャンプーをしました。
----
夫T男君がいなくなりシャンプー担当も私になりました。
だいぶ手際がよくなってきたよ~(⌒▽⌒)
関連記事
スポンサーサイト
15 : 17 : 40 | 携帯電話から | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<ブランチ | ホーム | 川の字ではなく「ヒ」の字>>
コメント
はじめまして!
以前のブログからこちらにこさせてもらいました。
今月出産した、私の娘が心室に四㍉、心房に六㍉の穴があり、いろいろ調べていたところ、たどりつきました。落ち込んだときには何回も何回も次女ちゃんの治るまでの経過を読ませていただき、勇気を貰っています。またいろいろと教えてくださいp(^^)q
今日からしんどくならないようにと 予防のため 最低量の利尿剤を飲んでいます。
治療ではなく予防のため…わかってはいるのですがショックでした。これから先、長い道のりがんばります
by: みーたん * 2010/02/19 01:46 * URL [ 編集] | page top↑
みーたんさんへ
みーたんさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

まずはご出産おめでとうございます。
お嬢さんの心疾患が分かり本当にお辛い日々を送られることと思います。
特に生まれたての頃はまだ目もよく見えていないようですし、反応もあまりなく余計にご心配だと思います。
私も次女が不憫でならずいくら悩んでも仕方ないのですが悩んでばかりでした。
でも自分に出来る事は病気についてとことん調べる事だというのが分かり、それから1ヶ月ほどは起きている時間は授乳をしながらアメリカをはじめ英語圏の国のサイト、そして日本のサイトで病気のことについて調べ(特にmixiの心室中隔欠損症のコミュニティーはとても勉強になりました)、病気の事をかなり詳しく勉強しました。
今考えると何かしていないと気が変になりそうだったのかもしれません。

そうすることにより、ようやく冷静に病気と向き合える事が出来るようになりました。
この子の為に頑張ろう。そういう気持ちを持つことが出来ました。
欠損孔(穴)が閉じるかどうかというのは誰にも分かりません。
「奇蹟」というのを信じるしかありません。
ですが、もしも万が一、穴が閉じなかったとしても手術により閉じることが可能ですし、そのまま穴があいたままでも一生普通に生活出来る人もいます。
心房の穴の方は日本で数カ所の病院で穴の大きさや場所によっても違いますが、胸部切開することなく手術する方法もありますし、そのうち心室の穴も同じように手術する事ができるようになるはずです。(確かアメリカではどちらも切開せずに手術出来たはずです)
ですので、決して諦めず、悲観せず、治る病気だというのを頭に置いて、病気に立ち向かっていってください。
親は祈る事しか出来ませんが、きっと治ると信じてお嬢さんにたくさんの愛情をかけてあげてください。
今は本当にお辛いと思います。
でも今が辛さのピークだと思いますヨ。この1ヶ月をなんとか乗り切ってください。

このmixiのサイトは本当に為になりました。お時間がある時にでもまたご覧ください。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=523164
http://mixi.jp/view_community.pl?id=143925
みーたんさん、奇蹟を信じて!!!
by: ★えむこ * 2010/02/20 01:54 * URL [ 編集] | page top↑
お忙しいなか、お返事ありがとうございますo(^-^)o
娘は 退院当日、さぁ着替えて帰ろう♪と用意しているときに、『心臓に雑音が…』と 精密検査になり、そのまま入院になりました。体重も順調に増えているし、母乳もたくさん飲めているので、経過観察ということでの入院でした。でも娘を連れて退院出来なかったという思い、一人だけ病院に残してきたという思い、胸が押し潰されそうで本当に苦しかったです。上に二人男の子がいるのですが、私が退院し、久しぶりに会った二人にも 気が向かないほど落ち込みました。そんな自分にもまた落ち込み…。悪循環でした。
そんななか、えむこさんのブログに出会い、次女ちゃんの経過を読んで、またえむこさんの、落ち込んで辛いはずなのに、前向きな記事を読んで、がんばろう!穴も閉じるかもしれない!最悪 手術すれば根治するし!と 前を向けました。
でもたまにまた落ち込み またまたえむこさんのブログを読み、よし!がんばろ!治る!大丈夫!と自分を奮いたたせています。えむこさんのブログのおかけで、前向きになれて元気です!!本当にありがとう!
娘は昨日 退院し自宅で経過観察です。これから二週間に一度の通院でエコーをしてもらいます。素敵な未来が娘に待っていると信じています。そしてあたりまえの幸せはないと教えてくれた娘にも感謝ですね!!
mixiですが パスワードをいれないと入れないのでしょうか?
ネット音痴なのでわからないのです(>_<)すみません。
これからもブログを読ませていただきますね!!
by: みーたん * 2010/02/20 13:04 * URL [ 編集] | page top↑
みーたんさん
お嬢さん無事退院されたんですね。
おめでとうございます。
ひどい心疾患なら退院は出来ないので、これからスクスクお育ちになると思います。
うちの子は生後まもなく分かったようで、退院の日に精密検査を受けた結果心室に6ミリ(その当時は6ミリだというのは分かりませんでした)、心房に2、3ミリの欠損孔がみつかり、そのままこども病院に転院になりました。
生まれてすぐに私の父が「この子の呼吸おかしい」と気付き(私は全く気付きませんでした)、顔や体も紫っぽかったです。
でも私は何も知らされず吞気に入院生活を送っていましたが、退院の日に先生からの告知と精密検査。
穴が2つあると聞かされ「ふーん穴があいてるんだ~。」くらいにしか思っていなかったのですが、説明を受けるにつれ『穴のあいている位置が悪いので(弁の近くの穴は閉じる事はほとんどなく、また、穴から漏れる血液と一緒に心臓の弁がその穴に入り込み変形をしてしまう前に手術をしないといけないので早期手術になる場合が多い)心臓を止めての手術をしないといけない。心臓なんて止めたら死んじゃうじゃない』と一気に事の重大さに気付きました。
ですが調べていくうちに術中や術後の死亡事故というのは、ほとんどなく、手術後は胸に10センチほどの傷は残るものの、運動制限もなく通常生活が送れる、心臓を止めての手術だけれども、人工心臓に置き換えてきちんと血が体中に巡りながらの手術で、そして人口心臓から元の心臓への移行もスムーズにできる(未だに心臓を止めてもまた血液を送ると動き始めるというのが摩訶不思議ですが)、脳に障害が残る事もほぼない。というのが分かり、奇跡的にでも穴は閉じてほしいけれど、だけどもしそうでなくても、助かる病気。世の中には助からなかったり、一生何らかの障害を持ちながら生活をしないといけない子がたくさんいる。うちの子は命があるだけでも幸せ。と思うようになりました。
穴が閉じるイメージを頭の中に描きながら毎日アロマオイルで全身をマッサージし、心疾患を持つ子には母乳がいいと分かったので出ない母乳を一生懸命あげ(長女は完全粉ミルクでした)、とにかく出来る事は全てしたように思います。
うちは体重の増え、そしてミルクの飲みが非常に悪かったです。
次女の心臓に耳をあてるといつも「シュッシュッ」という普通の心臓の音とは異なる音がいつもしていました。
みーたんさんのお嬢さんは体重の増えが順調のようなので、心臓に負担がかかっていないのでしょうね。(負担がかかっていると体重の増えはかなり悪いようです)
心臓のどの部分に欠損孔があるのかは主治医の先生からお聞きになられましたか?
もしまだならお聞きになられるのもいいと思いますヨ。
筋性部、膜様部(膜性部)、弁の近く、等いろいろタイプがあります。(うちの部分は膜様部の弁近くに空いていました。心房の穴はどこに空いていたのかは聞いていません。というのも心房の数ミリの穴は胸部切開しなくても手術出来るのが分かったのであまり気にしていませんでした)
本当に今は何をどうしていいか分からない状態だと思います。
ですが、何度もいいますが、状態が悪いと退院は出来ませんので、きっとこれからいい方向に向かっていかれることと思います。
また何かあればいつでもメールなりコメントなりいただければ私で分かる範囲でお答え致します。
応援しています。

それからmixiですが、お友達からの招待がないと登録出来ないようになっています。日本の10人に1人はmixiに登録しているので、きっとお近くにされていらっしゃる方がいると思いますので一度お友達等に聞いてみてください。登録後に前にお知らせしたURLをクリックすると心疾患の掲示板のような物が見れるようになっています。
今確認すると心室中隔欠損症の掲示板のようなものに1800人の方が登録しています。知りたいことはだいたいここで見つかると思いますヨ。
by: ★えむこ * 2010/02/20 14:29 * URL [ 編集] | page top↑
お返事ありがとうございます☆
娘の、どこに穴があいているのか 聞いていません。また、来週にエコー検査があるので聞いてみようと思います。が…えむこさんのブログを見させていただいて 弁の近くだと、難しいということ、心臓に耳をあてるとシュっシュっという音がするということ…確認したくても 現実をみるのが怖くて 出来ないでいます…ダメダメ母です。
私も毎日、『閉じろ~閉じろ~!』と 娘の胸に手を当て、念を送っています!私の想いや愛が届きますように…
えむこさん!あなたのブログに出会っていなければ、あなたからお返事を頂かなければ、私は多分先が見えず、真っ暗だったと思います。でも 私はおかげさまでえむこさんのブログに出会ってから 前向きになり明るく毎日頑張っています。大丈夫!治る!と信じて♪本当に本当にありがとう!!出会えてよかったです。
これからもいろいろと教えてくださいね。あと、毎日のブログも少しずつ読ませて頂いてますが、ププっと吹き出すことも多く、今の私に必要な笑顔もたくさんいただいてます♪♪
二人ともかわいい♪ですが、次女ちゃん うちの次男となんだか共通するものがあり、特に私のお気に入りです♪
やはり2番目って ちょっと、いろんな意味でおもしろいですよね♪♪これからも、日々のブログ楽しみにしていますね♪
by: みーたん * 2010/02/20 15:49 * URL [ 編集] | page top↑
みーたんさんへ
私のブログが少しでもなんらかのお役に立てたなら本当にありがたいです。
心疾患が分かったときは日々の気持ちが日替わり定食並みに変わり、落ち込んでみたり、妙に明るかったり、泣いてみたり、怒ってみたり。。。
退院後は長女の事もあったのですぐに自宅へ戻るつもりだったのですが、心臓に負担がかかるといけないのでなるべく泣かさないように。菌等をもらうとひどくなる場合があるので半年くらいは長女と離すように。そう主治医の先生から言われ、結局半年ほど実家に滞在しました。
赤ちゃんを泣くのが仕事なのにそれを泣かせちゃいけないと言われ、も~どうしていいか分からず、一日中ずーっと抱っこしていたのを覚えています。

ちょうど1年がたつかたたないかの頃ストレスによる急性難聴になり右耳の聴力がほとんどなくなりました。(今はすっかり治りましたが)
自分が思っていたよりもずっとずっと体と心に負担がかかっていたんだと思います。
みーたんさんも決して一人で頑張ろうとは思わず、周りのみなさんに甘えてくれぐれもお体だけは壊さないようにしてくださいね。
穴は自然に塞がるかもしれませんし、塞がらなかったとしても手術により治ります。どちらにしても明るい未来ですよ。

それに子供と過ごしていると「治らなかったとしてもそれもこのこの個性の一つかな」と病気の事をすごく受け入れることが出来るようになりました。
最初はもちろん全く受け入れる事は出来ませんでしたが、みーたんさんもお嬢さんの日々の成長をみていっていると病気の事も受け入れる事が出来るようになりますヨ。
とにかく無理はせず、ゆっくりゆっくりと。
また何かあればいつでもご連絡くださいネ。
by: ★えむこ * 2010/02/21 17:47 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maru131.blog62.fc2.com/tb.php/457-1640ed47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

えむこ

Author:えむこ
☆私:主婦
☆夫T男:マイペースな典型的O型人間。結婚してからお料理の腕をめきめきあげ、今じゃいつでも主夫出来るほど。育児も完璧でまるでママのようなパパです。
☆長女N子:8歳小2。プリスクールに1歳から5年と5ヶ月通い卒園。現在私立小学校に通っています。性格は夫と同じくかなりのマイペース人間。英語の上達もお勉強もかなりマイペース(^-^;。現在英検2級に挑戦中。
普段は穏やかな海のように心が広くて優しい。がたまに嵐になることも。

☆次女K子:5歳年中。1歳10ヶ月から長女と同じプリスクールに通い始めました。英語は長女より覚えが早そうです。が、ほとんど英語を話している姿を見る事はありません。彼女の口から出るのはバリバリの関西弁のみ。英語で話しかけても日本語で答えます。英検5級をいつかは受ける予定。
長女と正反対の性格で、かなりのお転婆。毎日手をやいています。まるで火の妖精のごとく激しいです。

☆ルーク:10歳。英国系のフラットレトリバーですごく良い血筋でありながら、天然ボケボケ。お留守番はすご~く苦手で分離不安症という精神病をずっと患っています。いろんな事を試し、ようやく4時間お留守番が出来るようになった。カモ?!性格だけは良く、生まれてこのかた他の犬に噛まれても何をされても怒ったことはありません。虫さえも友達だと思っているフレンドリー犬。フレンドリーすぎて嫌われてしまうことも多々あり。この10年大きな病気をせずに元気でいてくれてることに感謝。でも怪我での受診はとても多いです。

カレンダーと過去の記事

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

我が家の関係サイト

カテゴリ

我が家の本棚&お買い物リスト (1)
未分類 (71)
ホストファミリー (4)
病気、怪我、矯正 (126)
お知らせ (27)
私 (14)
夫 (7)
長女と次女 (22)
お買い物~ (37)
次女 (29)
ルークと子供達 (26)
長女 (46)
お出かけ (22)
プリスクール、小学校 (18)
イベント (5)
DIY、手作り (8)
インテリア、雑貨 (31)
ルーク (28)
母乳育児 (6)
妊娠・無痛分娩 (56)
ルークの分離不安症 (37)
コストコ (4)
子供達のグッズ (54)
プライベートページ (28)
英語 (31)
携帯電話から (200)
我が家の関連サイト (1)
本、ワークブック、その他教材 (21)
チャレンジ(進研ゼミ) (6)
毎月のプライベート写真&動画集 (31)
いただきもの (17)
習い事 (1)
小2レベルの本 (2)

我が家の本棚

アマゾンで購入した本やグッズ達。クリックすると詳しく見れます。

最近の記事+コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。