スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

長女行方不明になる

今日は寿命が3年くらい縮まった一日でした。
夫T男君の単身赴任引っ越しを控えバタバタの我が家。
T男君が靴が欲しい。スーツも欲しい。というので、インフルエンザの園児がいるので大事をとってスクールをお休みしていた長女とルークは義父母宅に預け、同じくお休みをとっていたT男君と次女と三人でお買い物に出かけました。

こうやって家族でお買い物に行くのももう最後だな~としみじみしながらお店に着き、お目当ての靴を買い、次はスーツと思っていたら、T男の携帯に一本の電話が。

「えっ? まじで? いなくなったってどういう事? ほんまに? えっ? 何しとんな。」と怒鳴り口調のT男。

またルークが義父母宅から脱走して迷子になったんだ。
そう直感した私は、近くにとても大きな道があり車がビュンビュンと行き交う道路ではねられてるんじゃないか?と泣きそうになりました。
電話を切ったT男は案の定
「おらんくなったって」と。

ほんと泣きそう。
今まで数回あるといえども、今回こそははねられて、死んじゃう。そう思い呆然としました。

「帰るぞ」と、次女を乗せたベビーカーを押し駐車場に向かうT男。
足がもつれそうになりながらもついていく私。

「一体どうしていなくなったの?お義父さんちゃんとみてくれていなかったの?」と問いかけると

「なんかよく分からないけど、手押し車(荷台)と一緒にいなくなったらしい」とT男。

「お留守番させてたの? どこにくくってたの? 手押し車にルークをくくってたの?」と聞く私に

「ルークちゃうよ。長女。」と。

「えっ?????」も~気を失いそうになりました。

ちょっ、長女が行方不明??? なぜ? どうして???

今度は私がお義父さんの携帯電話にお電話すると
「いや~ちょっとお散歩に行って来ると言って出て行って、帰りが遅いな~と思って家の外見たんだけど姿が見えなくて、今探している」と。

「ちょっ、ちょっ、」言葉にならない私。
「一人で出て行ったって、一体どうして5歳の女の子を一人で外に出かけさせたのですか?」とは聞けない私。
とりあえずお電話を切りましたが、お義父さんだけでは頼りないから(ごめんなさいお義父さん)警察に捜索願を出した方が早い。と思い再度お義父さんにお電話すると

「今、警察の人にも探してもらっている」と。

もう私の頭の中は真っ白。
警察の方も一緒に探してくれているにも関わらず見つからないって。。。

私とT男は超高速で車を飛ばすけれど、家までかなりの距離。
そうしている間にどんどん日が暮れて来るのに、いっこうに見つかったという電話はない。

待てども待てども電話がない。

何かしたいけど、探す事も出来ずただただ車の助手席に乗っているしかない私。
何かしなきゃ。何かしなきゃ。気ばかり焦るけれどいい方法が思いつかない。

そうしている時に
「あの人のところに電話して~」とご近所で家族ぐるみで仲良くしていただいている刑事さんにT男が電話するように言い、お電話しました。
そしたらいつもの落ち着いた口調で、親身に話を聞いてくださり、「それはただ単に迷っているか、それとも誰かに連れ去られた可能性も。。。」とおっしゃった瞬間、私の頭の中はクラクラ。
それから色々指示をしてくださり、電話を切り、少したった時にその方からお電話が。

「発見されたって。良かったね。」と一言聞いた瞬間、体中の骨がなくなり私の体はタコ状態。
きっとその方がもし目の前にいらっしゃったら抱きついているところでした。笑

わざわざお忙しいのにうちの長女の事を警察の方に聞いてくださったようなんです。
も~本当に感謝してもしきれない。

それから義父母の家に行き、長女と対面し、顔を見た時の安堵感、一生忘れられません。

本人と周りから聞いた話をまとめると
お散歩に行きたかった長女はおじいちゃんに「お散歩行きたい」と言ったらしいですが、絵を描いていたおじいちゃんは「一人で行っておいで~」と言ったので、長女はおばあちゃんがゴミの日にゴミ出しをする小さな荷車を押して外に出て、大通りを渡り、山のそばの細い道を通り、ママ達帰って来ているかな~と思い、3キロほどある自宅へ行ったそうです。

自宅には門に鍵がついているので入れず、チャイムを鳴らしても誰も出て来ない。
少し待っていたけれど誰も帰って来ない。のでまたおじいちゃんのおうちに荷車を押し帰る事にしたそうです。

そうして帰っているところに、警察官に「○○ちゃん?」と聞かれ「どうしてこのpolice man は私のお名前を知っているのだろう?」と不思議に思いながらも荷車をちゃっかりパトカーのトランクに乗せてもらい、助手席に乗り込み、義父母宅へ送ってもらったそうです。

ジャンパーを着ていなかった長女の体は冷えきり、そして鼻水もズルズル。
一気に風邪を引いてしまったようです。

長女が義父母宅から自宅までの道を覚えていたのにも驚きましたが、その中には普段全く通らないような道も通っていたりしたようで、よくもまあ自宅へたどり着き、そしてまた義父母宅へ戻れたんだな~と心からご先祖さんや神様に感謝しました。

信号もたくさん渡らないといけないのですが、無事に渡っていたようです。

パトカーが3台くらい出動してもらっていたようで、義父母宅には警察官が出入りしていたりでご近所さんにもご心配をかけてしまいました。
義父母宅の周りは治安があまりよろしくなく、空き巣被害も多いそんな地域で、最近帰宅途中の小学生が何者かに襲われるという事件が続いているので(犯人はまだつかまっていません)、余計に警察の方々もたくさん出動してくださったのだと思います。

何はともあれ本当に5体満足で長女が戻って来てすごくすごくありがたいです。
本人に聞くと、何人かに「可愛いね」とか「(一人で)大丈夫?」と声をかけられたそうです。
もし声をかけた相手が悪意を持った人だったなら。。。。
そう考えると今日はこんな時間(4時すぎ)になっても眠ることが一切出来ません。

普段からどんなに遠回りになろうとうも必ず信号のある所を渡らせるようにしていたのがこの時役に立ったようです。
我が家や義父母宅近くの大通りは、車同士の事故も多く、横断していた人が車にひかれるというのも何件かあるような道路なので事故がなかったということが今でも信じられません。

その後、数時間の大冒険をした長女は夕飯をこれでもかというくらい食べ、そして疲れたのかスヤスヤと眠っています。
私も一気に疲れを感じましたが、眠ろうと思えば思うほど、ドキドキして眠れない。


あ~も~本当によかった~無事見つかって。


それにしても結局遠くまでお買い物に行き、靴一足買って帰って来た私たちは一体何の為に行ったのだか。笑

それと最後に、もし道ばたで荷車を押している女の子を見たら、すぐにご一報ください(o^-^o)
関連記事
スポンサーサイト
04 : 24 : 23 | 長女 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<洗濯機と電子レンジが届いた~ | ホーム | 娘達の学習に必要な我が家の文具収納方法>>
コメント
わあ・・なんかすごい話だね。ほんと、無事でよかった。でも、荷車を押して(?)自宅まで一人でお散歩しちゃうなんてN子ちゃんすごい子だね。うちの5歳児がそんなことできるかしら?でもさ、私たちが子供の頃のこと考えたら本当に怖い世の中になってるよね。私なんて幼稚園の頃から一人でどこにでも行っちゃう子だったけど、親は全然心配してなかったと思う。小さな田舎町では皆顔見知りだったし、特に危険を感じることなんてなかったんだろうね。きっとお義父さまもそういう感覚だったんじゃないかしら。T男さんが子供の頃と同じ様な感覚・・。
日本では今でも鍵っ子とかいっぱいいて、それを罰する法律も無いよね?NZはダメなんだ。だから、どこに行くにも車で送り迎え。たとえ近所でも家の敷地外へ子供だけであそびに行くなんて考えられないことみたい。
子供たちだけで外で自由に遊べないなんて、本当に悲しい世の中になってしまったけど、危険から子供を守ることができるのは親だけだものね。N子ちゃんほんとに無事でよかった。これが将来の笑い話のひとつになってよかった。でもこれからはT男さんが単身赴任になるし、本当に気をつけなくちゃね!
by: メイン家のママ * 2009/12/08 10:43 * URL [ 編集] | page top↑
メイン家のママさんへ
メイン家のママさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

いや~も~ほんと身の毛もよだつ出来事でした。
私はまだ精神的に立ち直らず今日も頭がボーっとしています。
長女は、昨日はお腹壊すんじゃないかっていうほど食べ、そして今朝は(今朝っていうのか分かりませんが)12時起床。
そしてお昼ご飯にピザを丸ごと一枚食べ(普段こんなに食べません)また眠ってしまいました。
もしかして冬眠???
でも本当に無事で何よりです。

日本も昔はすごく安全で、いなくなっても誰かが絶対に目撃していて、その情報をたどるとその子にたどり着くといった感じですが、今の日本はもはや安全ではありません。
田舎でも都会でも。
小学生でも殺人をしてしまう時代ですから。
悲しい事ですがそれが今の日本です。
なので私たち親がしっかりと子供を守ってやらないと。そう思います。
ちょっと真面目な事を書いてしまいましたが、こないだもバイトから帰宅途中の女子大学生が静かな街で行方不明になり、体をバラバラにされ遺棄されていたという悲惨な事件がありました。
犯人はまだ捕まっておらず、昨日はほんと最悪の事態を考え心臓が止まりそうでした。
ほんといて良かった~。
うちの長女、ご丁寧にお墓に行ってお水をあげてたりしたみたいです(^-^;
ほんと何やってんだか。

by: ★えむこ * 2009/12/08 15:21 * URL [ 編集] | page top↑
読んでいて本当にこっちまでドキドキしてしまいました。
さぞかしN子ちゃんも ご家族も不安だったことでしょう。無事でなによりです。それにしてもそんな長い道のりを1人で歩いて行けるなんて すごいわー!! ある意味、N子ちゃんはすごい行動力と好奇心がある子なんじゃないかな~?
by: しょうママ * 2009/12/11 06:12 * URL [ 編集] | page top↑
お久しぶりです!
記事みてびっくりしました!
私の場合は子ども二人を公園(結構広い)に連れて行った時に、長女を見失って警備員や周りの人にも声かけて探し回ったことがあり、それと重なりました。その間わずか15分ぐらいでしたがそれでも生きた心地しませんでした。
だからそれを考えるとM子さんがどれだけ心配したか想像絶します。

本当今はご近所でも安心できないですよね。
でもよく3キロもの道のりを覚えてましたね!
私も子どもたちにはしっかり信号や交通ルールを教えておこうって思いました。
by: mimu * 2009/12/13 00:33 * URL [ 編集] | page top↑
しょうママさん、mimuさんへ
★しょうママさんへ

しょうママさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

本当に生きた心地がしませんでした。
行方不明で警察沙汰になってしまうだなんて。
長女は人なつっこく、警戒心や人見知りもない子なので余計に心配しました。
「一人で何しているの?おじちゃん、ママのお友達だからおうちまで連れて帰ってあげるよ。車に乗りなよ」と言われたら疑うことなく乗ってしまうそういう子なので、誘拐されたのかと思いました。
島根であんな悲惨な事件があったばかりでしたし、余計にそう思ってしまいました。

普段から「知らない人には絶対についていかない」「知らない人とは話をしない」「何かあったらコンビニや、おじいちゃん、おばあちゃんに助けを求めなさい」とかそういう事を教えておかないといけないな~とそう思いました。
あと右側通行を徹底的に教えておくのもいいかもです。

本人は全く悪びれた様子もなく、今回の事が変な自信につながったようです。
もう二度とこんな思いは勘弁してほしいです。


★mimuさんへ

mimuさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

mimuさんも同じような経験があるのですね。
も~ほんと生きた心地しないですよね~。

子供って時折大人には考えられない行動をしたりするので、普段から気をつけないといけませんよね。
私今回の事で本気で、飼い犬の体内に埋め込むような何かGPS等で分かる事の出来るセンサーが欲しい~と思いました。
携帯電話も捨てられちゃうとあてにならないし、センサーつきのネクレス(男の子ならブレスレット)なんかがあるといいのにと思います。
犯罪が起きてしまってからでは遅いですものね。
最近は誘拐されて無事解放されるというのもほとんどない感じですし、誘拐されてからどれだけ早くに発見出来るか。というのがポイントのように思います。
GPSつきのアクセサリー本当にほしいです~。
by: ★えむこ * 2009/12/21 09:20 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maru131.blog62.fc2.com/tb.php/407-29c73bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

えむこ

Author:えむこ
☆私:主婦
☆夫T男:マイペースな典型的O型人間。結婚してからお料理の腕をめきめきあげ、今じゃいつでも主夫出来るほど。育児も完璧でまるでママのようなパパです。
☆長女N子:8歳小2。プリスクールに1歳から5年と5ヶ月通い卒園。現在私立小学校に通っています。性格は夫と同じくかなりのマイペース人間。英語の上達もお勉強もかなりマイペース(^-^;。現在英検2級に挑戦中。
普段は穏やかな海のように心が広くて優しい。がたまに嵐になることも。

☆次女K子:5歳年中。1歳10ヶ月から長女と同じプリスクールに通い始めました。英語は長女より覚えが早そうです。が、ほとんど英語を話している姿を見る事はありません。彼女の口から出るのはバリバリの関西弁のみ。英語で話しかけても日本語で答えます。英検5級をいつかは受ける予定。
長女と正反対の性格で、かなりのお転婆。毎日手をやいています。まるで火の妖精のごとく激しいです。

☆ルーク:10歳。英国系のフラットレトリバーですごく良い血筋でありながら、天然ボケボケ。お留守番はすご~く苦手で分離不安症という精神病をずっと患っています。いろんな事を試し、ようやく4時間お留守番が出来るようになった。カモ?!性格だけは良く、生まれてこのかた他の犬に噛まれても何をされても怒ったことはありません。虫さえも友達だと思っているフレンドリー犬。フレンドリーすぎて嫌われてしまうことも多々あり。この10年大きな病気をせずに元気でいてくれてることに感謝。でも怪我での受診はとても多いです。

カレンダーと過去の記事

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

我が家の関係サイト

カテゴリ

我が家の本棚&お買い物リスト (1)
未分類 (71)
ホストファミリー (4)
病気、怪我、矯正 (126)
お知らせ (27)
私 (14)
夫 (7)
長女と次女 (22)
お買い物~ (37)
次女 (29)
ルークと子供達 (26)
長女 (46)
お出かけ (22)
プリスクール、小学校 (18)
イベント (5)
DIY、手作り (8)
インテリア、雑貨 (31)
ルーク (28)
母乳育児 (6)
妊娠・無痛分娩 (56)
ルークの分離不安症 (37)
コストコ (4)
子供達のグッズ (54)
プライベートページ (28)
英語 (31)
携帯電話から (200)
我が家の関連サイト (1)
本、ワークブック、その他教材 (21)
チャレンジ(進研ゼミ) (6)
毎月のプライベート写真&動画集 (31)
いただきもの (17)
習い事 (1)
小2レベルの本 (2)

我が家の本棚

アマゾンで購入した本やグッズ達。クリックすると詳しく見れます。

最近の記事+コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。