スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

私の耳とルークの手術

皆様にご心配いただいていた急性難聴ですが、ようやくほぼ正常値まで戻りめでたく自宅に戻ってきました。
一時は「もうこのままかも」という気持ちが強く、諦めていたのですが、実家での療養が効いたのか少しずつ少しずつよくなりました。
ですが、一度なるとまたなりやすいそうですこの難聴。
そして次回なると、もう本当に治らないかもしれないそうです。
「くれぐれも疲れをためないように。一日10時間くらい眠るのが好ましいですが、無理でも22時には就寝するように。」とドクターから何度も言われようやく帰宅許可がおりたわけですが、そんなの一日10時間もそして23時に寝る事なんて不可能だ~!!
でもなるべく眠るよう努力はしています。



ブログに書きたい事はたくさんあったのですが、早寝早起きを心がけており、昼間はお昼寝をあまりしない次女K子がいるので、パソコンに向かう時間がなく、とってもご無沙汰してしまいました。



ご無沙汰している間に我が家に一大事がありました。
ルークの肘にとっても大きな腫瘍が見つかり(ちょうど関節のところでフラット特有の長いホワホワ毛が生えているので気づきませんでした)手術しました。
幸い良性だったのですが、日帰り手術で帰って来たルークの顔のまわりには噂には聞いていたエリザベスカラーが。
大型犬のルークがつけるので、「そっそれって中継車のパラボナアンテナ?」と思うほどの大きさ。
手術後ルークを病院に迎えに行き、そのあまりに滑稽な姿にルークを心配する事も忘れ待合室で大笑いしてしまいました。
パラボナアンテナのおかげで、車に乗ろうとするけれどドアの幅より大きいんですパラボナちゃん。
ほんと特大。
自宅に戻り、お水を飲もうと思ってもパラボナちゃんが邪魔して飲めない。
寝室に行って寝ようとしていたルークですが(相当疲れてた)、階段の幅より広いパラボナちゃん。
いや~ほんと笑い事じゃないです。
家が壊れてしまうかと思いました。
いろんなとこで、カンコンカンコン、パラボナちゃんのあの堅いプラスチックでぶつかりまくるのですから。
それに子供達にも被害が出て(パラボナちゃんで近寄られるとかなり痛い)誰もルークに近寄らない。
でもルークは近寄りたい。悪循環です。
夜はパラボナちゃんをつけて眠るルークですが、まるで貝のようにあれって眠る時はうまく閉じるんです。
そしてその貝になったパラボナちゃんを子供達が
「Open」「Close」「Hello~(あけながら)」「Bye~(とじながら)」開け閉めしてる。
ルークもゆっくり眠ってられません。
私たちのベッドの足元で眠っているルークは寝返りがすごい。
そのたびに私の足やらふくらはぎにパラボナちゃんが刺さり激痛が。



そんなわけであまりにも危険なパラボナちゃんなので、外しました。
外すと我が家イチ細かいルークは、事もあろうか自分でご丁寧に縫っていた傷口の抜糸をしてしまい、傷口がパックリ。
そしてそこが膿んでしまい、も~顔を背けたくなるほどに。
そのうち腐ってハエがたかるんじゃないか?と思ったほどぐちゅぐちゅでした。



それを見かねた夫T男が、テーピングなどで傷口をひっつけるよう足をぐるぐるまきにしていて病院に。
そしたら血流がとまりかけてて「こんなことしてたら足を切らないといけなくなるよ」と言われ大慌て。
ホッチキスタイプの傷口を閉じる機械で閉じてもらったものの、一日たつとまたご丁寧にそれまでも自分で抜き取りまたもや傷口パックリ。



どうなることかと思いましたが、だいぶ傷口の膿みはおさまってきました。
本当に足を切らないといけないんじゃないかと心配しました。



ルークももうすぐ6歳。
これからいろんな病気にかかってくるのでしょうね。



ひとまず私もルークも大事には至らず新年が迎えられそうです。



最後にパラボナ姿を。。。



Dscn1005
T男がパラボナちゃんの向きを下向きにしました。
「ルーク、、、なんか、、、戦士みたい。これから戦いに行く!!って感じ」とお気楽T男はそうつぶやいていました(^-^;



これが本当は上向きについているんですよ~どれだけ邪魔か。
舐め防止の猿ぐつわ?!もしていますが、していても器用に舌だけペロペロ出し傷口を舐めるんです(T▽T)



Dscn1010Dscn1016





最後の最後に



Ca390047_2




これが傷口パックリ膿み膿み写真です。



Dr.ルーク自身で抜糸した糸がまだ残ってます。



おぞまし~。



そうそう膿みは思っていたより早く治りました。



何しろ毎日何度も私のアロマ治療?!をしてやっていたので。笑



やっぱりアロマってスゴイ。

関連記事
スポンサーサイト
17 : 21 : 33 | 病気、怪我、矯正 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<次女の心臓病 | ホーム | ルークと次女K子>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maru131.blog62.fc2.com/tb.php/35-cd087b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

えむこ

Author:えむこ
☆私:主婦
☆夫T男:マイペースな典型的O型人間。結婚してからお料理の腕をめきめきあげ、今じゃいつでも主夫出来るほど。育児も完璧でまるでママのようなパパです。
☆長女N子:8歳小2。プリスクールに1歳から5年と5ヶ月通い卒園。現在私立小学校に通っています。性格は夫と同じくかなりのマイペース人間。英語の上達もお勉強もかなりマイペース(^-^;。現在英検2級に挑戦中。
普段は穏やかな海のように心が広くて優しい。がたまに嵐になることも。

☆次女K子:5歳年中。1歳10ヶ月から長女と同じプリスクールに通い始めました。英語は長女より覚えが早そうです。が、ほとんど英語を話している姿を見る事はありません。彼女の口から出るのはバリバリの関西弁のみ。英語で話しかけても日本語で答えます。英検5級をいつかは受ける予定。
長女と正反対の性格で、かなりのお転婆。毎日手をやいています。まるで火の妖精のごとく激しいです。

☆ルーク:10歳。英国系のフラットレトリバーですごく良い血筋でありながら、天然ボケボケ。お留守番はすご~く苦手で分離不安症という精神病をずっと患っています。いろんな事を試し、ようやく4時間お留守番が出来るようになった。カモ?!性格だけは良く、生まれてこのかた他の犬に噛まれても何をされても怒ったことはありません。虫さえも友達だと思っているフレンドリー犬。フレンドリーすぎて嫌われてしまうことも多々あり。この10年大きな病気をせずに元気でいてくれてることに感謝。でも怪我での受診はとても多いです。

カレンダーと過去の記事

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

我が家の関係サイト

カテゴリ

我が家の本棚&お買い物リスト (1)
未分類 (71)
ホストファミリー (4)
病気、怪我、矯正 (126)
お知らせ (27)
私 (14)
夫 (7)
長女と次女 (22)
お買い物~ (37)
次女 (29)
ルークと子供達 (26)
長女 (46)
お出かけ (22)
プリスクール、小学校 (18)
イベント (5)
DIY、手作り (8)
インテリア、雑貨 (31)
ルーク (28)
母乳育児 (6)
妊娠・無痛分娩 (56)
ルークの分離不安症 (37)
コストコ (4)
子供達のグッズ (54)
プライベートページ (28)
英語 (31)
携帯電話から (200)
我が家の関連サイト (1)
本、ワークブック、その他教材 (21)
チャレンジ(進研ゼミ) (6)
毎月のプライベート写真&動画集 (31)
いただきもの (17)
習い事 (1)
小2レベルの本 (2)

我が家の本棚

アマゾンで購入した本やグッズ達。クリックすると詳しく見れます。

最近の記事+コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。