スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

長女のバレエ

半年ほど前から長女N子の頭の中は「プリンセス」と「バレエ」とで頭がいっぱい。
将来なりたいものは?と聞かれると迷う事なく
「I want to be a ballerina.」
次になりたいものは?と聞くと
「I want to be a princess.」





N子が心の底からやりたい(習いたい)と思う事をさせてやりたいと思うのが親心というもの。
でも近くのバレエ教室は金曜日の16時から。
N子は17時半に帰宅するので、絶対に間に合わない。
他のバレエ教室も平日だいたい15時からとか16時からというものが多い。
いくらバレエがしたくても時間的に無理だから出来ないわ。
と思い、取りあえず自宅で出来るようにと、なんちゃってバレエのおもちゃ「おうちでバレエ」を買ってやりました。




これがあまり続かないとなるとわざわざ習いに行かせるほどでもないと少し様子を見る事にしました。




すると毎日2時間くらいぶっ通しで踊り続けるN子。

私も一緒に踊らされ筋肉痛続きの毎日でした。

そんなN子をみていると、バレエに対しての気持ちは本気なのかも。

というわけで、近くで土日にやっているバレエ教室を探してみると、比較的近くのスポーツジム内でレッスンをやっていました。

土曜日の15時から。

公文が終わってから行けるじゃないのよ~と体験レッスンを早速申し込んできました。




N子にはそのレッスンの事は一切言わず、びっくりさせようと思い、家族全員で行ってきました。

教室につき、バレエのレッスンを受けると分かったようで大喜びするN子。

かわいらしいレオタードを着た生徒さん達が次々と教室に入ってくるのと比例し、N子のテンションが低くなってきているのが分かりました。

どうやら、自分だけパンツ(動きやすいようパンツで来てくださいと言われました)でシューズもなく裸足だというのがN子にとって立ち直れないほどのショックな出来事のようでした。




お教室の外にある閲覧席に私とT男はいたのですが、N子はポツンと隅に立って、先生と生徒さん達はなんだか楽しそうな雰囲気。

「今日体験で入るN子ちゃんですよ~」と手でもひっぱって皆のところへ連れて行ってくれてもいいのにそのまま。

いよいよレッスンが始まり遠くの方で先生がN子を呼んでいたのですが、動かないN子を見かねて先生がようやく重い腰をあげ呼びに来てくれました。




も~その時点ではN子完全に戦意消失(^-^;




みんなと同じように鏡の前に置かれたバーを取りあえずは持っているものの、いくら先生が自分の姿を見なさいと言っても見る事なく、最後にはその場に座り込んで泣き出してしまったのです(T▽T)

夫T男は横で「情けな~。も~かえろ~。おっても意味がない」とかなり不機嫌。




先生も一人に構ってられないようでN子の事はもう無視。




レッスンが始まって10分もしないうちに結局N子の体験レッスンは終了。

これ以上時間がたっても(レッスンは1時間)先生が優しくフォローしてくれそうにないと判断した私は、N子を呼び寄せ帰る支度をしました。

「ここで帰るていうことはもう二度とバレエは習えないけれどいい?」とN子に聞くとそれでもいいと言う答えが返ってきました。

でもとりあえずこのまま黙って帰るわけにはいかないので、レッスンが終了するのを待ちN子と一緒に先生に御礼だけ言いに行ったのですが。。。




私「どうやら自分だけレオタード着ていない事が恥ずかしくそして悲しいようで。。。」

先生「よくあるんだ。最初はそういうこと」(いきなりタメグチ?!)

私「バレエがすっごく好きで、本当にやりたいと言うので今日体験レッスンを受けさせていただいたんです」

先生「あっ、ほんと~」(先生絶対私より若いのにやっぱりタメグチ)

先生「日本語分からないって言われてしまったんだけど~(先生苦笑い)」

私「すみません。多分バレエ用語が理解出来なかったのではないかと思います」




もう次のレッスンを受ける大きい子達が来ていたので、先生とゆっくりお話することさえ出来ず退散しました。




仮にここのスクールでお世話になるとしても先生とのコミュニケーションはなかなか取れそうになそうなので、もう少しこじんまりした所の方がN子にあっているのかも。

レッスン中に、教室を泣きながら出て来る女の子が3人ほどいたのですが、若い先生だからかなかなか小さな子の対処が出来てなさそうに思いました。

初めて習うには少し年配の先生の方がいいのかも~。




夫T男はかなり不機嫌で「N子には失望した。本気でやりたいなら、パンツだろうとスカートだろうと出来るはずやろ~。もうバレエは、なしなし。」と。

確かにそうだけれど、女の子っていうのはもっと繊細なのよ~。




帰宅してもやっぱりバレエはやりたいようで、母はバレエ教室を探さないといけないのでした。

でもなかなかないんです。

何しろ平日の帰宅時間は17時半。

金曜日の夜はピアノ。

土曜日のお昼間は公文。

ハードスケジュールのN子です。

でもなんとかどこか探さないと~。

母は頑張ります。


Ca390003_2←毎日公文がんばってま~す。





関連記事
スポンサーサイト
17 : 04 : 06 | 長女 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お玄関プチリフォーム | ホーム | お気に入りの公園>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maru131.blog62.fc2.com/tb.php/22-1fb3335f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

えむこ

Author:えむこ
☆私:主婦
☆夫T男:マイペースな典型的O型人間。結婚してからお料理の腕をめきめきあげ、今じゃいつでも主夫出来るほど。育児も完璧でまるでママのようなパパです。
☆長女N子:8歳小2。プリスクールに1歳から5年と5ヶ月通い卒園。現在私立小学校に通っています。性格は夫と同じくかなりのマイペース人間。英語の上達もお勉強もかなりマイペース(^-^;。現在英検2級に挑戦中。
普段は穏やかな海のように心が広くて優しい。がたまに嵐になることも。

☆次女K子:5歳年中。1歳10ヶ月から長女と同じプリスクールに通い始めました。英語は長女より覚えが早そうです。が、ほとんど英語を話している姿を見る事はありません。彼女の口から出るのはバリバリの関西弁のみ。英語で話しかけても日本語で答えます。英検5級をいつかは受ける予定。
長女と正反対の性格で、かなりのお転婆。毎日手をやいています。まるで火の妖精のごとく激しいです。

☆ルーク:10歳。英国系のフラットレトリバーですごく良い血筋でありながら、天然ボケボケ。お留守番はすご~く苦手で分離不安症という精神病をずっと患っています。いろんな事を試し、ようやく4時間お留守番が出来るようになった。カモ?!性格だけは良く、生まれてこのかた他の犬に噛まれても何をされても怒ったことはありません。虫さえも友達だと思っているフレンドリー犬。フレンドリーすぎて嫌われてしまうことも多々あり。この10年大きな病気をせずに元気でいてくれてることに感謝。でも怪我での受診はとても多いです。

カレンダーと過去の記事

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

我が家の関係サイト

カテゴリ

我が家の本棚&お買い物リスト (1)
未分類 (71)
ホストファミリー (4)
病気、怪我、矯正 (126)
お知らせ (27)
私 (14)
夫 (7)
長女と次女 (22)
お買い物~ (37)
次女 (29)
ルークと子供達 (26)
長女 (46)
お出かけ (22)
プリスクール、小学校 (18)
イベント (5)
DIY、手作り (8)
インテリア、雑貨 (31)
ルーク (28)
母乳育児 (6)
妊娠・無痛分娩 (56)
ルークの分離不安症 (37)
コストコ (4)
子供達のグッズ (54)
プライベートページ (28)
英語 (31)
携帯電話から (200)
我が家の関連サイト (1)
本、ワークブック、その他教材 (21)
チャレンジ(進研ゼミ) (6)
毎月のプライベート写真&動画集 (31)
いただきもの (17)
習い事 (1)
小2レベルの本 (2)

我が家の本棚

アマゾンで購入した本やグッズ達。クリックすると詳しく見れます。

最近の記事+コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。