スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

無痛分娩

8/31 無痛分娩を体験して



9月、9月と言っていたのに生まれてしまいました、8月最後の日に(^_^;)
まさかまさかの8月生まれ。
どうやら次女ベイビーは、誕生石はサファイアよりトパーズの方が良かったらしいです。
お姉ちゃんのN子やパパT男と同じ誕生月はいやだったようです。笑



私の咽頭炎が治り次第出てこようと思っていたのかもしれません^_^



まだ記憶が鮮明な間に今回の無痛分娩の事を書くとします。



8/30木曜日
何事もなく過ごす。
咽頭炎もよくなり、ようやく熱も下がる。
夕食は何故かもりもり。
その後入浴し、入浴後も何故か無性に食べたくなり食べる。(こんな事妊娠中なかったです)



23時頃
★前駆陣痛(本番陣痛の予行演習的陣痛)が結構痛いな~と思う。
長女の時は少量の出血がお産の合図だったので、今回も出血から始まると思い込んでいた。
人間の思い込みとは怖いものだ。



8/31金曜日
0時頃
★前駆陣痛がかなり痛くて汗が出るほどに。
それでも私は「前駆陣痛痛いな~」とあくまで出産は出血から始まると思ってた。



★いつものインターネット中もお腹の痛さで何度も中断。
それでも「前駆陣痛って日に日に痛くなるんだな~」と思う。



1時頃
★お腹がかなり痛い
それでもそれでもまだ「今日の前駆陣痛すごく長~い」と思い必死で耐えてた私。



2時頃
★なんだか結構頻繁にお腹が痛いような。。。
念のためお腹痛の時間感覚を計ってみると、、、10分。
それでも私は「これが規則的になると陣痛になるんだ~」とあくまで疑わない(^_^;)



2時半頃
★おなががいだい~
やっぱりやっぱりお腹が痛い。
次10分後にお腹が痛くなったら夫T男を起こそうと決心。



3時頃
★腹痛の間隔が8分に。
★さすがに私もおかしいと思い念のために病院に電話。
私「夜遅くにすいません。現在39週1日目で今回2人目なんですが、先ほどから8分間隔でお腹が痛んでいます。多分前駆陣痛だとは思うんですが、今からお伺いした方がいいでしょうか?」
看護士「それ、陣痛ですよ。今すぐ来てください。病院までどれくらいで来れますか?」
私「40分くらいだと思います」
看護士「分かりました。気をつけてきてくださいね」



通常出産の経験がある経産婦は陣痛の間隔が20分くらいになったら病院に行くらしいです。



3時半頃
★T男と身支度にとりかかる
これが一番くせ者。
なんてったってT男は身支度にとってもとっても時間がかかるんです。
もう私は陣痛(看護士さんに言われようやく自分に陣痛が来ている事が分かる)の痛みで立っている事も出来ないのに、T男ったら髪を洗い出す(゜_゜)
そして口笛を吹きながらドライヤー(おいおい)



★ルークとN子の用意
ルークはT男の実家に預けるということで、ある程度の餌を個別の袋に分けて入れだすT男(おいおい、そんなのまとめて渡しといてあとで適当にやってもらえばいいじゃないか~。私は一刻もあらそうんだ~)



4時半頃
★ようやく出発
自宅を出てルークをT男の実家に預け病院に向かってたら「あっ、ルークの餌わへた(忘れた)」とT男(@_@)



★自宅にルークの餌をとりに帰る
仕方がないので餌を取りに帰る



★実家を通り過ぎる
餌を取りに帰りT男の実家に餌を持って行っていたのに実家を通り過ぎる(おいおいおいおいおい!)



6時頃
★病院到着
看護士さんがあまりにも我が家の到着が遅いからと何度も自宅に電話をかけたそうだ(^_^;)
なんてったって、最初に電話をかけてから3時間もたってるんですもの。。。



★LDR室へ
通常、陣痛室、分娩室、回復室と3部屋に渡り移動をしないといけないのですが、このLDR室というのは1部屋で全ての部屋の機能を果たすマルチルームで、もれなく先着順(もちろん有料)なのですが、私が行った時にはたまたま空いていて運良くその部屋を利用する事が出来ました。
おかげで家族三人ゆったりとすることが出来ました。
ちなみに子供の立ち会いはこのLDR室でないと出来なかったので(もちろんN子も立ち会いをさせるつもりでした)、その点でもラッキーでした。



★先生到着まで待機
先生が来るまでは処置が出来ないということで、先生が来るという9時まで待機することに。
これがとっても長かったです。
お腹は究極に痛いし、陣痛は5分間隔でやってくるしで、も~も~とにかく痛かったです。



★その頃のT男
ソファーベッドに寝っころがり、お菓子をボリボリ。
苦しむ私に「だいじょおぅぶぅ~~?」と調子良く声をかける。
前回長女の陣痛の時は終始「飴たべるぅ???」だったが、横でボリボリお菓子を食べられるのもかなり苦痛。っていうか私がこれだけ苦しんでるのに、あんたはなんてマイペースなんだ!!



9時頃
★先生登場
待ちに待った先生登場。
も~先生が神様に見えました。
先生がいる時なら無痛分娩はしてもらえるとのことで(事前に言っておけば)ようやく安心。



★点滴
無痛分娩の前処理として点滴を1時間する



★その頃のT男
お菓子をボリボリ相変わらず食べてました。
そして「めっちゃウンコしたい」とLDRのおトイレで用を足す。
その後イビキをかいて昼寝(朝寝)。
「だって俺あんまり昨日寝れてないもん」
あんたこの状態でよく寝れるもんだ。
起きたと思ったらまた「ウンコ」



10時半頃
★硬膜外麻酔の前処理麻酔を背中にする
これは普通に腕等にする注射より痛くなかったです。
ただ、、、くすぐったい。
先生が手で私の背骨を触るだけで、くすぐったくて背中が勝手にビクッ。
先生が背骨を下から数えるだけで(決まった背骨と背骨の間に注射をします)背中が勝手にビクッ。
先生「動かないでね~」背中が勝手にビクッ。
私(動きたくはないのですが、くすぐったくて、背中が勝手にビクビクなるんですぅ~)←心の声
なんとか麻酔を打ち終える。
この麻酔は本当に痛くなかったです。
逆にくすぐったいくらいでしたから。



★背中にカテーテル挿入
常時麻酔を背中に注入する為カテーテル(管)を挿入。
これも先ほど背中にうったくすぐったい麻酔のおかげで全く痛みなし。
何かを背中に入れられてるカナ?!といったくらいでした。
もちろんくすぐったくて背中がビクビク勝手に動く事もありませんでした。



★この頃のT男
「M子~だいじょうぶぅ~???」と言ってたと思ったらまたまたお昼ね。(イビキつき)
誰がこんな奴と結婚したんだ~!!



12時半頃
★かなりお腹痛いんですけど~
麻酔してもこれだけ痛いって麻酔してないと私死んでたかも。。。と思いながらお腹の痛さと格闘。
麻酔してるのにも関わらず泣き言いってたら後でみんなに笑われると思い、ずっと痛さを耐えてました。
声も漏らさず、とにかくぐっと耐えて耐えて耐えまくる(下唇をずっと噛んでたようで切れてました)。
昨晩から一睡もしてないので頭がグデグデ。



★実は麻酔効いてなかった(ー_ー)
先生が再び登場、「痛みはないですか~?」
私「いだいです~」
先生鋭い物で私の腹部をチョンチョンと「これ痛いですか?」
私「痛いです」
先生「これは?」また別の箇所をチョンチョン。
私「痛いです」
先生「麻酔効いてないじゃないか~。もっと麻酔の数値(量)増やして!!」と看護士さんに激怒



えっ(=_=)今までもしかして効いてなかったの???



★人口破水
先生がはさみのような物で羊膜を切ると同時に生暖かいお水がジャ~っと出てきました。
(人口破水は全く痛くありませんでした)



13時頃
★無痛分娩の世界へようこそ
ようやく痛みのない世界へ。
これが無痛分娩なんだ~ぁ。
ほんと痛くない~(*^。^*)
パラダイス



★お尻の穴が痛い!
私「すいません、お尻の穴の方が痛いんですけど」
看護士「赤ちゃんがさがってきてるんですよ~」マクドナルドの店員さんもびっくりするようなスマイル付で返答。



★やっぱりなんか変!
私「すいません、お尻がとっても痛いんですけれど」と別の看護士さんへ。
看護士「赤ちゃんさがってきてるんですね~」とまたまたスマイルで返答。



13時半
★なんか出てきそう
私「すいません、出てきそうです」
3人目の看護士さんにそう訴えようやく内診してもらえる事に。
そしたらもう赤ちゃんがだいぶ出てきてる事が分かり、看護士さんが一気に部屋に入ってきて、バタバタし始める。
(だからさっきから私何度も訴えてたんですけど。。。)



★2度目の背中下部への麻酔
硬膜外麻酔は陣痛には有効だけど、出て来る時の痛みには効かないらしく、2度目の麻酔注射を背中の下の方(お尻に近い背中)に打つ。
これも全然痛くなかったです。



★無痛分娩の世界へようこそ(パート2)
今までのお尻の痛みが全くなくなりました。
お腹もお尻もどこも痛くないもうほんと痛みのない世界。



★会陰切開
先生頑張ってくれましたが、やっぱりあそこの伸びが悪いとのことで切開することに。
これも2度目の麻酔のおかげで全く痛くありませんでした。



14時頃
★おめでとう
N子とT男の見守る中無事出産。
まるでゼリーを生むかのように2度お腹に力を入れると(麻酔がかかってても腹部に力は入るんです)ツルンと痛みなく生まれてきました。
私は最後までN子に話しかけながらうめました。
N子はも~母の大事な部分に釘付け。
一体母はどうなってしまうの~???と目を見開いて見ていました。



★縫合
切ったところを先生が縫ってくれましたが、これも麻酔のおかげで全く痛みなし。
麻酔さまさまです。



16時頃
★もう動いていいですよ
2時間安静にしていればもう動けるとのこと。
トイレも行けるし、ご飯も食べれるし、何でも出来る自由な体。



★個室へ
使用したLDRは1晩泊まることができるのですが(お金も1泊分払ってるし)、この日生まれたのは4人、そしてシャワーとおトイレがついている部屋は残り1部屋。
みんなが回復室から出てくる前にそこを押さえなければ明日LDR室から出た時には大部屋。。。
そんなわけで早々とLDR室を出て、真っ先に個室へ(他のみなさんゴメンナサイ)



★その頃のT男
またまたお菓子をボリボリ。
テレビを見てガハハハ。
眠くなったのかお昼寝。
母も「Tちゃんはほんといつもマイペースやねぇ」と苦笑(/_;)



★長女N子よさようなら
T男の両親が早々と駆けつけてくれ、N子は二人と一緒に喜んで帰って行きました「マミ~バ~イ」と。
どうやら病院にも飽きたようです(^_^;)
初めてN子が親離れし自立した娘であった事を喜びました。



★世界陸上
私は昨晩から一睡もしてないのと体力を使い果たして(麻酔が効くまでの陣痛で)とにかく眠りたかったのですが、結局T男が23時頃までお菓子をボリボリ、お茶をグビグビ飲みながら見ていて眠れませんでした。
私はもう、、、起きてるのに目が回ってる状態で自分が言っている事も分からないような、まるで泥酔状態に



23時頃
★就寝
T男に何度も訴えかけようやく就寝。



いやはや出産ほんと大変でした。
とにかく昨晩からの陣痛が。。。
N子の時はお腹がかろうじて痛いなと13時頃に病院につき、そして15時頃本格的に痛くなり、19時半には生まれていたので、それを思うと今回は本当に長かったです。
でも麻酔のおかげで出産後7時間くらいは、後陣痛(広がった子宮が元に戻る痛さで、陣痛に匹敵するほど痛い)と切って縫ったところの痛みも全く感じることなく生活できました。
またまた麻酔さまさまです。
ほんと医学ってすばらしいと思いました。
もちろん麻酔が切れてからは後陣痛もかなり痛かったですし、切って縫ったところもかなりかなり疼きました。



最後にN子が次女ベイビーに会った様子はと言うと。。。
柿ピーをあげてました。(きっと可愛いと思ったんでしょう(^_^;))
そしていつも聞くように「Where is the baby?」と質問。
いつものN子なら私のお腹を指差し「Here.」と言うはずですが、「Baby is(was) fallen down.」と。
おおっちゃんと落ちた(生まれて下に落ちた)って事が分かってるんだ。と思いました。



母子ともに健康で本当にありがたいです。
ご心配してくださった皆様どうもありがとうございました。



あっ、、、次女ベイビーは2900gでした。

関連記事
スポンサーサイト
01 : 46 : 50 | 妊娠・無痛分娩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<先天性心疾患 | ホーム | 生まれました>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maru131.blog62.fc2.com/tb.php/127-33da872c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

えむこ

Author:えむこ
☆私:主婦
☆夫T男:マイペースな典型的O型人間。結婚してからお料理の腕をめきめきあげ、今じゃいつでも主夫出来るほど。育児も完璧でまるでママのようなパパです。
☆長女N子:8歳小2。プリスクールに1歳から5年と5ヶ月通い卒園。現在私立小学校に通っています。性格は夫と同じくかなりのマイペース人間。英語の上達もお勉強もかなりマイペース(^-^;。現在英検2級に挑戦中。
普段は穏やかな海のように心が広くて優しい。がたまに嵐になることも。

☆次女K子:5歳年中。1歳10ヶ月から長女と同じプリスクールに通い始めました。英語は長女より覚えが早そうです。が、ほとんど英語を話している姿を見る事はありません。彼女の口から出るのはバリバリの関西弁のみ。英語で話しかけても日本語で答えます。英検5級をいつかは受ける予定。
長女と正反対の性格で、かなりのお転婆。毎日手をやいています。まるで火の妖精のごとく激しいです。

☆ルーク:10歳。英国系のフラットレトリバーですごく良い血筋でありながら、天然ボケボケ。お留守番はすご~く苦手で分離不安症という精神病をずっと患っています。いろんな事を試し、ようやく4時間お留守番が出来るようになった。カモ?!性格だけは良く、生まれてこのかた他の犬に噛まれても何をされても怒ったことはありません。虫さえも友達だと思っているフレンドリー犬。フレンドリーすぎて嫌われてしまうことも多々あり。この10年大きな病気をせずに元気でいてくれてることに感謝。でも怪我での受診はとても多いです。

カレンダーと過去の記事

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

我が家の関係サイト

カテゴリ

我が家の本棚&お買い物リスト (1)
未分類 (71)
ホストファミリー (4)
病気、怪我、矯正 (126)
お知らせ (27)
私 (14)
夫 (7)
長女と次女 (22)
お買い物~ (37)
次女 (29)
ルークと子供達 (26)
長女 (46)
お出かけ (22)
プリスクール、小学校 (18)
イベント (5)
DIY、手作り (8)
インテリア、雑貨 (31)
ルーク (28)
母乳育児 (6)
妊娠・無痛分娩 (56)
ルークの分離不安症 (37)
コストコ (4)
子供達のグッズ (54)
プライベートページ (28)
英語 (31)
携帯電話から (200)
我が家の関連サイト (1)
本、ワークブック、その他教材 (21)
チャレンジ(進研ゼミ) (6)
毎月のプライベート写真&動画集 (31)
いただきもの (17)
習い事 (1)
小2レベルの本 (2)

我が家の本棚

アマゾンで購入した本やグッズ達。クリックすると詳しく見れます。

最近の記事+コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。