スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

長女の夏休み強化合宿 at home

去年の夏休みは全て予定をオフにしたらダラダラダラダラと過ごした長女。
今年の夏は卒園したプリスクールの卒園生対象サマースクールに行っていただきます!!とフルタイム(9時〜16時)でおまけに毎日アフタースクール(16時〜18時)までみっちり英語環境で過ごしてもらうために申し込み〜。

を済ましたある日、ある事件が発覚しました。

いつものように「宿題した?」
「今からする」という長女の手がいっこうに進まない。
宿題さっそと済ませ、チャレンジしないといけないんだから、早くしなさいよ〜と追い立てても全く手が動かない。

「分からない。全然分からないの」と見るからに簡単そうな算数の問題を前に泣き始める長女。

まあチャレンジでは復習中心でまだやっていないから分からないかもしれないけれど、学校ではやったであろうから泣くほどのことでもないと、

「教科書とノート、そして計算ドリルと、さんすう問題集もっておいで」と持って来させました。
基本的に宿題は毎日一緒に登校していただいている上級生達を待ってる間に済ませてくる長女。
「宿題やった?」「うんやったよ」で終わらせていたのですが、本人が持って来たそれぞれのノートを見て愕然。

どれも1問やって終わってたり、まともにやってるページがない。

教科書も計算ドリルも問題集も書き込み禁止なので、わざわざノートまで見ていなかったのです。

まとめると、この1学期間、算数の宿題はほとんどやってなかった長女。

「えぇ〜!!!!!!!! 宿題やってなかったのぉ〜????????」と大絶叫。
もう怒りを通り越して悲しくなりましたよ母は。

算数のテストも70点、60点、50点、46点とどんどん悪くなっていってましたが、まあチャレンジでちゃんと復習しているから問題ないわ〜と点数のことに触れた事はなく、気にも留めてませんでした。

が、まさか宿題を全くやってなかったとは。

その日のうちに先生に連絡帳を通じてご報告すると、数日後の個人面談で先生平謝り。
「すみません。長女さんは1年生の時からまじめで、上級生をお待ちの時もきちんと宿題に取り組んでおられ、宿題に関して全くチェックしておりませんでした」と。

母も母なら、先生も先生。
先生、宿題チェックくらいしてくださいよ〜いくら私立で皆真面目だと言っても、うちの長女のような悪い子もいるんですから〜。
いや先生よりもまず私。気付かない私は本当にバカ親だわ。

そして夏休みが入り、私は大計画をたてました。
夏休みの間に教科書、計算ドリル、そして算数問題集に全て書き込み、間違えた箇所は翌日以降に正解するまで永遠にする。

というのをしました。
プリスクールから帰って来て、食事入浴を済ませると、22時まで休むことなく学習。
学校の算数三点セットとあわせて、チャレンジ、そして他にもやらないことが山積みの長女。遊ぶ時間なんて全くございません。
本人も「算数やばし」と思っているようで黙々と学習。
プリスクールがお休みの土日やお盆休みは一日10時間以上は学習。

「長女よ。このまま行けば、高校の受験勉強が始まっても環境がらっと変えることなく行けるわよ」

まあそんなことは置いといて、とにかく毎日受験生並みに、お勉強させ、1学期の遅れを取り戻しました。

結局それが急激な視力低下を招いてしまったわけなので、あまりおすすめはできませんが。。。


スポンサーサイト
11 : 08 : 22 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

通信簿はいずこへ???

ここのところFacebookばかり更新し、ブログは放置状態でした。
その間にまたまた我が家でいろんな事件が起こりました。

今年の夏一番の事件
それは「通信簿紛失事件」でございます。

お盆を過ぎたある日、そろそろ学校の用意をしておかないと〜と通信簿を探すも見当たらない(^-^;

「つっ、つうしんぼがない〜!!!!!!!」

と一人で大騒ぎ。子供達を巻き込みそれから毎日毎日通信簿を捜索するも発見出来ず新学期を迎えてしまいました。
担任の先生に謝罪すると「分かりました」と。
ホッ。これで捜索の毎日から解放される。
と思いきや担任の先生から、連絡帳に衝撃のメッセージが


「校長宛に始末書をお書きください。A4用紙で文面は任意です」と

しっ、しっ、始末書ですって〜!!!!!!

まるでわたくし重犯罪でも犯した気分になってしまいました。
生まれてこのかた、そのような物を書いた事はなく、どんな風に何を書いていいか分からない。
通信簿紛失で始末書。
大抵どこの学校でも担任の先生が笑って許してくれたというのが私の調査結果でした。
が、長女の学校は躾に厳しいと言われる私立小学校。
笑っては許していただけないようです。

始末書と言っても手書き?ワープロ?
捺印は? 文面は? 封筒はいるの? 等々 私の頭の中はクエスチョンマークだらけ。


プリンターの用紙に

○○小学校                           平成25年○月○日
○○校長先生                        2年○組 長女
                                          保護者 えむこ 捺印
                   始末書

このたび私えむこは大切な通信簿を紛失してしまいました。

気付いた日、どのような状態でしまったか、どんな風に捜索努力をしたか。
そして結局見当たらないので、謝罪と今後同じ事を繰り返しませんという約束。
等をA4用紙2枚に書き、二重封筒に入れ提出しました。

これで事件は終息したと思っていた先々週。

子供達がお風呂に入り、その後のんびりと私がお風呂から上がったら・・・・・
なんと、私が探し探していた通信簿がリビングの床にあるではありませんか?

人間探し求めている物を目の前にすると声が裏返るのです。

「つっ、つっ、つ〜ぅ しんぼぉ〜。」

ガールズ1号は宿題。2号は絵本を読んでる。

「これどこにアッタの?」という問いにシーン。

最近の必殺方法
「10秒数えるうちに、○○した人、手をあげなさい。もし手を挙げたら怒りません。
でも二人ともどちらも手を挙げない場合は、二人のお尻を10回思いっきり叩きます。 10. 9. 8... 7...」

とカウントすると必ずどちらかが正直に手を挙げます。
だって手を挙げると叱られず許してもらえるのですから。

今回もこういうとすぐに元気よく手を挙げた虎の子次女。

ウヒヒヒヒ。

とヘンテコな笑いと共に苦笑い。

話を聞くとこうです。
しまっている通信簿を見たかったので取り出し、自分の絵本の中にはさみ、それを本棚に戻していたそうです。

が、私が探している物が絵本の中の白い物ということが分かっていたのか、出すに出せなかったのかは分かりませんが、先々週のある日、絵本を読もうと思って本を開けたら通信簿が出て来たので、ママがいない間に床にそっと置いておいた。

との事でした。

見つかってよかった通信簿。

早速学校へ持って行くように長女に言うと

「あのね、通信簿見つかった場合は、校長先生にまたお手紙書いてくださいって担任の先生言ってたよ」

ギョギョギョ〜、またもやお手紙ですか?
この間のお手紙で母は精根尽きました。

が仕方ないまた校長先生へラブレター。

今度は捺印はなしです。
紛失しておりました通信簿が出て参りました。
かくかくしかじかでした。
今後次女の届かないところに大切な物は置くように致します。
最後に謝罪の言葉を書き終了。

これで事件はようやく解決したのでございます。
通信簿の紛失にはくれぐれもご注意ください。




14 : 58 : 35 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

長女の個人面談

数日前に長女の個人懇談に行ってきました。
言われることはわかっていたので、重い胃と共に学校へ向かいました。

「相変わらず、授業中フラーっと前に出て来られるのです。先生◯◯がありません」と。
一学期から言われ続けはや8ヶ月。
先生から言われるとは思ってましたが、やっぱり言われました。
うちの長女、全く進歩がありません。

「そうですね~1番フレッシュなお話を申し上げますと(先生そんなとこでなんでカタカナ?笑。別にフレッシュな話なんて聞きたくない~)、今日の五時間目に◯◯がないとおっしゃり、結局お道具箱から出てきたようです。」と。
悪いことはそれだけ言われたのですが、あとはお掃除が大好きだとか(さすが私と母の血をひいてる)、漢字が綺麗だとか、あまりパッとしないことを褒められ帰ってきました。

元の場所へ戻さない。
これは完全に夫T男くんと同じです。
次女は元の場所へ戻せる人なのですが、あの二人全くもって片付けられない。
そして毎日のように「○○がない」「○○がない」「○○知らない?」とまるで私を犯人のように疑う二人。

T男君なんてこの間中国から一次帰省していた時に家をまた出発した後に
「な~な~、俺の中国の携帯知らん?」と電話。
しかもとってもとっても忙しい時に。

「知らない」(そんなもの私が知るものですか)

「ちょっと和室に行って見て来て(いつも帰省すると開かずの間の和室が彼のクローゼットに早変わり。1日にして何もない和室が汚部屋へと変身します)。」

見に行ってもやっぱりない。

「ないよ」
と言っても納得いかない様子でもう一度見に行かされる。


「ほんとないよ」

「じゃあもういいワ」と何故か逆ギレ?!して電話を切る彼。

こんなこと結婚してから何度繰り返している事か。

そして彼の悪い癖は、見つかってもそれが見つかったと絶対に報告してこない。

たちわるい~。


結局携帯もあったらしいのですが。。。

携帯と言えば彼の携帯の番号を私は知りません。

ある日私の携帯に電話がかかり「あっ、俺俺、これ俺の携帯番号やから。」とそれだけ言って電話を切るT男君。

あの~私の携帯には「電話番号表示出来ません」という画面しか出てませんが(^-^;

とにかく我が道をまっしぐらに走る彼なのであります。笑


そういうわけの分からないまっすぐな所が好きな所なのですが、たまにズレを感じます。笑


話は戻して、二人の紛失癖は本当にひどい。

長女はつい最近とっても大切な物をなくしました。

それは小学校で七五三のお祝いにいただいた、おメダイ(メダル)。


これをいただいて帰って来た日、私の実家へ行き、従姉と皆に見せ、その辺に放置していたので、
「こんな所に置いてたら、また絶対になくすに違いない」となくさないようにと、私が筆箱に入れておいたのです。

帰宅して、「あのまま筆箱に入れてたら絶対になくす」と筆箱を開けるともうそこにはありませんでした。
それから実家の両親にも捜索してもらい、私も隅々まで探しましたが、見つかりませんでした。

数日後先生に「なくしました」と正直に言ったそうなのですが、担任の先生から

「校長先生にお伝えしておきます」と言われたそうです

前にも書いたと思いますが、長女の小学校の校長先生は、何でも知っているのです。
全校生徒の両親の顔と生徒が一致していて、顔を見ただけで「あら~○○さん」と呼び止められます。

そして学校内での連絡が悲しいかな行き届いているようで、些細な事でもご存知です。

おメダイをなくした1週間後、新しいおメダイをいただきました。

校長先生が1つお持ちでしたので、差し上げますとのことです。と書かれた紙と共に。

これは今度の寄付はいっぱいしないと。


個人面談の日、バッチリ校長先生に廊下でお会いしたのですが、とりあえず名乗りおメダイの御礼を言うと

「お名前おっしゃっていただかなくても分かりますよ~。」と。

やっぱり覚えてらっしゃるのね顔と名前を(^-^;
悪い事できないな~。

うちの長女が紛失をよくし、1日1回は「○○がありません」と言う事もきっとご存知なのでしょう校長先生。

なくしもの。どうやったらなくなるのでしょう。

普段は自分で全部片付けさせ、私が手を貸さないようにしているのですが、なかなか直りません。
夫T男君に相談したら

「俺、だいぶ直ったで~お前と結婚してから。だからN子(長女)も直るやろ~お前が言い続けてたら」と思っていた通りのお答え。

結婚して私が口うるさく言っていてあれでも改善したそうです。
ほんまかいな。

まあ気長に頑張ってみます。
03 : 09 : 48 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

寝坊。私が

一週間ほど前から胃もたれが復活し、昨晩から風邪も発症。
そして目覚めた今朝。
いつもなら暗いはずの世の中がほんのり明るい。

ん??朝??

時計をみると7時15分。

あー7時15分かぁ。

え??7時15分???


ギャー寝坊した~と子供達を叩き起こし用意をし、お弁当を作ってたら8時。

長女の学校は8時でないと連絡がつかないので、お電話し受付の方に「私が寝坊し、電車に乗り遅れてしまいました。10時までには到着出来ると思うのですが」と言うと

「お母様がお寝坊され、お嬢様がご遅刻とのことですね。(そんな繰り返していってくれなくても)かしこまりました」と受付のお姉さん

もう恥ずかしい~。
でも自業自得。
情けない。

明日から気持ちを入れ直します。
09 : 09 : 55 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

台風

台風が少しずつ近づいています。
怖いよぉ~。
こういう時に夫T男君がいないのは辛いです。
数年前の台風ではカーポートの屋根が吹っ飛んだこともあり、台風が余計に怖いのです。

明日は長女の小学校の授業参観。
でも7時の時点で警報が出てるかどうかで休校になるかどうかが決まります。
あの~電車に乗るの6時台なんですけどぉ~。

こないだの台風の時も、警報が出ていたので今日は学校ないだろうと二度寝していたら、7時5分前に警報解除に(^-^;
慌てて駅に行った記憶があります。

せめて電車に乗る前の時点でどっちか決めてくれたらいいのに。
明日はどうだろう。。。

でも次女のプリスクールはその点、園バスが園を出る6時半頃に休園になるかどうかを判断してくれるのですごく助かります。
小学校ももうちょっと考えて欲しい、遠方から通っている者の事を。

台風の速度ゆっくりみたいなので、明日は学校あるのかも。
でもプリスクールはお休みの予感。(早め早めに対処してくれるので)

参観日次女を連れて。。。いやいや無理無理。
しかも最近のルークお留守番1時間も怪しいので、明日も不安いっぱい。


今の所まだ警報が出ていないようです。
外もとっても静か。
嵐の前の静けさってこのことです。
02 : 00 : 15 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

長女サタデースクール辞めてこれからどうすんの?

サタデースクールを辞めます!とこの間宣言したものの、毎日のように悩み悩み過ごしていました。

長女の卒園したプリスクールでは、卒園生対象の平日の2時間スクール、そして土曜日の6時間スクールを開講しています。
こうなれば長女を週に1度途中下車させ(小学校と自宅の真ん中くらいに卒園したプリスクールがあります)、私が駅まで迎えに行き、そこからスクールまで送り届け、普段ならバスで自宅近くまで戻って来る次女を長女がお勉強している間にすぐ前にある園舎まで迎えに行き、近くの公園で遊ばせ、帰ればいいや~と思いきや、平日のスクールはピアノとかぶっちゃうのです。
4歳から毎週通い続けているピアノ。
個人レッスンなので、その曜日を変えてしまうともう先生の時間が空いていなく辞めざるをえません。
長女に「ピアノ辞めない?」と聞いてみると「ピアノだけは絶対にイヤ!!」と。

でも、普段ピアノの練習ったって、猫ふんじゃった弾いているのしか見た事がない私。
練習もしないのだったら辞めればいいのにと思いますが、練習しなくてもピアノが大好きらしい。
長女はカワイのピアノ教室に通っているのですが、カワイって音楽を好きになりましょう。というのを前提にしているようで、レッスンもとにかく楽しいようです。
先生もとても穏やかで長女も大好きなようで、余計に辞めたくないのだと思います。

プリスクールの先生から、もし良かったら2年生のクラスでも大丈夫ですよとおっしゃっていただいたのですが、はたしてうちの子がついていけるのか。。。
長女にそのことも伝えましたが、本人も「1年生なのに(長女が)そんなの無理だと思う」と。
それにそれだと2年生のママもいい気はしないでしょうし、1年生のママも「なんで長女だけ?」と思われることでしょう。
そうなると困るのは先生。
だって疑問に思うママって決まって先生に詰め寄るようですから(^-^;

それと、平日に途中下車し、仮に2年生のレッスンに入れていただいたとしてもレッスンを終え帰宅すると19時頃。
それだと就寝時間である20時までに1時間しかな~い。
そりゃ~無理だ。
そんなことしたら、また「早くお風呂入って~」「早くお風呂上がって~」「早く明日の用意して~」「早く寝て~」と早く早くババアになってしまうのは目に見えています。
そうなると私も長女も疲れちゃう。
やっぱり平日に行くのは無理です(;_;)


平日のレッスンが無理だとしたら、あとはプライベートレッスン。
これは30分だけなのですが、私としてはプライベートでも何でもいいからとにかく卒園したプリスクールに何らかの形で繋がっていて欲しいと思うのです。
毎週じゃなくても月に1回や2回だけでも。
もちろん月に1回や2回30分のレッスンをして何かが変わるわけではないのはよく分かっていますし、そのプライベートレッスンに何かを求めているわけではありません。
あくまでも長女がネイティブ先生とお話しし、英語のアウトプットが出来ればなと思っています。
今の所これが一番ベストかなと思います。
校長先生も前向きに考えてくださっているようなので、これでお願いすることにします。

じゃあ普段どうすんのよ~ってことになります。
アメリカの公文のreading教材はB1(小2前半レベル)に入り毎日頑張っています。
IMG_4618.jpgIMG_4617.jpgIMG_4616.jpgIMG_4615.jpg

主語と述語が本格的に出て来て、それと同時に動詞の過去形も出てきました。
eat-ate 等の不規則動詞も出て来ています。
毎日1題は長文があり、その長文も少しずつレベルが上がって来ています。
文法と長文読解は公文さえやっていれば大丈夫そうです。
でも日ごとに難しくなっているので、今は1日1枚!を合い言葉にとにかく1枚だけをやっています。
というのも、早く早くと頑張って進んでも、結局の所復習に非常に時間がかかってしまい、1つのレベルを終えるのに6ヶ月とか7ヶ月とかかかってしまっています。
1日1枚ずつ進んでも半年ほどかかるのなら、これで行こうと思い、実行しています。
1日1枚ずつだと長女自身も苦痛を感じず出来るようですし、復習する時間もきちんと取る事が出来るので当分はこういう進み方で行こうと思います。
復習は問題を解くだけでなく、全ての文章を音読させ、発音を間違えている箇所も復習対象に。
また翌日練習し、正しく言えるようになるまで続けています。
問題解くだけだともっと早く進めれるのでしょうけれど、英語が第二言語の長女にとって別に教材を先に進ませるのが目的ではなく、身につけることが目的。
なので、とにかく復習に命をかけ頑張っています。

この間受けたA2(小1後半レベル)のテストはなんと満点!!
長女よく頑張っています。
復習がきっちりと出来ているので、満点が取れたのだと思います。
進度は今迄以上にゆっくりになりますが、ゆっくりでも着実に力をつけていってほしいです。

readingやwritingはいいとして、問題はspeaking。
これ、どうしましょ。
サタデースクールだけ行っていればいいやとあまりspeakingの事は心配していませんでしたし、この間アメリカ人学生がホームステイに来ている時も問題なくお話出来ていたので、speakingはサタデースクールがあるから。と思っていたのですが、それが来月からなくなってしまうので、オンライン英会話+プリスクールのプライベートレッスンで細々と続けて行く予定です。

オンライン英会話って巷ですごく人気のようですが、今や80社以上もあり、一体どこがいいのか分からない。
どこのスクールもお試しがあるのですが、面倒くさがりな私はそんな80社もお試しできない~。

というわけで、30校ほどピックアップして、予約がどれくらい前まで取れるかということで決めてみました。
候補にあがったのは子供専用スクール「リップルキッズパーク」と、英語教授法の1つであるDMEというのが受けれる「イーメソッド」というスクール。
リップルキッズは確か2時間前まで、そしてイーメソッドは15分前まで予約が出来る。
まさかサタデースクールを辞めちゃうなんて思わなかったので、どちらも夏休み限定でやってみました。
リップルキッズパークはとにかくサポートがいい。
ただ、、、子供専用とうたっているだけに、先生の話す英語がすんごくゆっくり。
これは多分先生によるのだと思いますが、ずっと続けていないと人気のある先生のレッスンを予約することさえできないシステムになっているので仕方ないのかも。

長女はとても気に入ってやっていました。


イーメソッドの方は、正しい英語をしっかり学ぶといった感じ。
最初に先生とのフリートークがあり、そのあとはカリキュラムに沿ってひたすら先生の質問に答えていくという教授法。
昨日はLondon is the capital of England。というような文をやっていました。
マドリードがスペインの首都だとかっていうのも。
でもうちの長女首都っていうのがよくわかっていないようで、何度も何度もやっていました。

ここの先生は子供だからといってゆっくり話すわけではなくあくまでナチュラルスピード。
先生の訛りも気になりません。(リップルキッズパークの方はかなり訛っている先生が多いように思います)
レベルが高い~。
なので、来月からはこのイーメソッドのレッスンを毎日1回受けて行こうと思います。
ネイティブの先生も1人だけいますし(^-^)

ただ、オンライン英会話の場合、長女が手でごそごそやっていても先生には分からないので、たまにごそごそする長女。
やっぱり実際に目の前に先生にいてもらってが一番いいのでしょうね。
そういう点でもプリスクールのプライベートレッスンは不可欠のように思います。
月に1度でもネイティブの先生を目の前にして英語を話す。という機会が大切。

毎日英語を使うというのが重要ですから、普段はオンラインで頑張り、たまにプリスクールに行って先生とお話する。
これでとりあえずは落ち着きそうな感じです。

ネイティブ先生のレッスン専門オンラインスクールもありますが、ややこしぃ~。
2時間前に思い立ったように予約を入れれるところはなく、だいたい3日前とか。
そんな3日後の予定なんて分かんないよ~。その日帰ってきてみないと。

その点でもイーメソッドのフィリピン人の先生と、ネイティブ先生とをうまく合わせてレッスンをしていければいいなと思っています。

あっ、オンライン英会話で1つとても困った事があります。
それはうちのとっても良い子の次女ちゃん。

絶対割り込んでくるんです長女のレッスンに。
いつもダイニングで椅子に座らせてレッスンをしている長女ですが、その長女の座る椅子に大きなお尻をねじ込ませ強引に横に座り、自分も参加。
リップルキッズパークは姉妹で受講してもいいので、まあいいのですが(でもはっきり言って邪魔)、イーメソッドはそういうわけにはいかない。
次女を引きずって自分の場所(リビングに置いているキッズテーブル)に座らせ、お菓子で釣ったり、絵本で釣ったり、しまじろうで釣ったりするわけですが、長女への質問1つ1つに「イェ~ス。とか ノォ~。」とかって答える次女。
もう先生に名前まで覚えられちゃっていつも「リトルシスターが何か言ってる。ハローォ」とお話してくれる先生。

普段英語の「え」の字もおしゃべりしない次女なのに、こういう時はしゃしゃり出てくるんです。
なんて迷惑な人。
普段しゃべりなさい英語を。
長女なんて寝言も英語だったというのに次女ったら「ガハハハ、K君(お友達)お尻こんなとこで出したらあかんでぇ~。ガハハハ」と豪快に日本語で寝言をよく言ってます。
一体あなたスクールで何やってんのよ。

でも英語を全く話さない次女ですが(スクールでもほとんど話してないと思われます)、実は英語を話せるのです。
これ我が家の七不思議です。
特に長女の邪魔をする時の流暢な英語ったらありゃしない。
そういう英語は普段、しゃべってくださいな~。




03 : 12 : 06 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

長女サタデースクールを辞めます

夏休みが終わろうとしていますが、うちの長女は今日も私の実家で楽しく過ごしています。
父が長女の学習を管理してくれ、お勉強タイムが終われば大好きな従姉と遊んでいます。

そんな長女ですが、来月から毎週土曜日に通っている土曜英語学校(サタデースクール)を辞めることになりました。
理由は一言では言い切れないのですが、私が送迎が出来なくなるのが一番の理由です。

長女のスクールのサタデースクールって良いのです。
朝9時~15時半まで英語で授業をしてくれます。
フォニックス、reading、 writing。。。
お弁当も有料で用意してくれ(お料理苦手な私には大助かり)、遊びの時間もたっぷりある。
それで9時から夕方まで面倒みてくれるのだから、これ以上のスクールないです。
こないだ遅刻した際にチラっとレッスンを見たら、英語で理科のようなものを習っていました。

ここのスクールで全日制小学部作ってくれれば今すぐにでも長女の小学校辞めさせて、入れたい。
そう思います。

英会話スクールだったら週に1時間、月に4時間のレッスンですが、サタデースクールだと月に24時間英語に触れられるわけです。
それに英会話スクールに入るにしても、年齢別だとレベルが合わないので駄目でしょうから、サタデースクール以外に英語を学べるところはないのでは?と思うほどです。
それくらい気に入って通わせていたので、本当に残念です。

が、そのお気に入りのサタデースクールに遅刻せずに行った事って春から数えて1、2回です。
土曜日になると気が抜けてしまうのか、全く起きれない長女。
そしてダラダラダラダラと朝食をたべ、私がお昼前にスクールへ送って行く。
そして送って行ったと思ったらまたすぐに迎えに行かないといけない。
遅刻しなければ有意義に過ごせると思いますが、毎週土曜日の朝から「早くして~」を100回ほど連発し、長女は「行きたくない」と泣き叫び、靴も投げ捨てる有様で、も~正直土曜日が来るのが憂鬱でした。

行ったら行ったで楽しいみたいですが、土曜日くらいゆっくりさせてよ。というのが長女の意見。(聞いた事ないけど分かります)
私も土曜日の朝からガミガミ言うのに疲れちゃったので、ついにリタイヤです。

ただサタデースクールに行かずして英会話力の持続は不可能で、中学になるまではサタデースクールには絶対に行ってもらおう!と思っていただけに、今回の選択がとても悔しいですし、残念です。

なんとかならないものか。。。


だってうちの長女、英語がなけりゃ何もない。
英語しか出来ないのです(≧д≦)
だからこそ英語には一番力を入れないといけないのに、英語がフェードアウトしていて、このまま消えてしまうんじゃないかという不安に陥ります。

あ~どうしたらいいんでしょ~。
公文のreading教材は続けているのですが、これだけだと英会話力は絶対といっていいほど維持できない。
人間忘れるのは早いですから。
ネイティブの家庭教師を雇おうにも長時間は無理。

なんとか蜘蛛の糸程度でも、今のスクールと長女との関係を絶たずに済む方法はないものでしょうか。。。



プリスクール(英語の保育園)を卒園しても、その後の英語教育の費用はやっぱりかかります。
こう思うと、インターに行っちゃった方が手っ取り早いような。
でもインターに行ったら行ったで日本語教育の維持と発展も難しそうですが。。。

こんなこと小学校のママには言えませんが、小学校つまんない。
プリスクールが本当に質が良かっただけに、小学校がとってもつまんないのです。
特に躾に厳しい小学校なので、あれもダメ、これもダメというのも、最近しんどくって。。。
躾が厳しい故、みながみな規律ある子供達なのでしょうけれど。。。
だけど、大きな声では言えませんが、小学校に飽きちゃいました。
いい学校なんですけれどねぇ、小学校。
プリスクールがあまりに良すぎたので。。。


長女自身も「英語の学校(インターナショナルスクール)が良かった」と日に何度も言うほど。
クラスメイトの数名がインターナショナルスクールに進学したので余計に長女はそう思うのでしょうけれど。

こうなったら夫T男君のいる北陸に引っ越して、北陸のインターに通っちゃいますか。
それが一番安上がりだし、次女はともかく、長女には向いているのかも。


そんな冗談は置いといて、長女の英語。。。ほんと悩みます。
なんとかいい方法を見つけたいです。
03 : 11 : 40 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑

次女のプリスクール

長女が毎朝いるので(普段は次女が7時前に起きた時にはもう長女は登校)「なんで私だけスクールに行かないといけないのよ」とまるで一人だけ牢獄にでも入れるかのごとく断固として登園拒否を続けはや2週間以上がたちます。
もうこれは無理!!私がまた病になりそう!と8月の1ヶ月次女を休園させようと7月末に校長先生に連絡したら、、、
「もう引き落とし終わってるので返金は出来ません」と。

うっぎゃ~引き落としがいつなのか。はたまた引き落とし後も8月に入る迄にお休みするとお伝えしていたら在籍料だけお支払いし、残りは返金してもらえると思い、そのお金で新しいカメラでも買っちゃうか~。と予定していただけにその衝撃に1日立ち直れませんでした。笑

でもそれって当たり前の事で、スクール側もネイティブ先生達に高~いお給料お支払いしているわけですから、収入源を確保しないといけないわけなのです。

そんなことよりこれからも毎朝次女の登園拒否と格闘しないといけないと思うだけで私の胃がまた悪くなりそう(T▽T)
も~ほんとしんどいです。

「今日頑張って行ったらお菓子あげる」と言っても「そんなのいらない。だってお菓子ほしかったらおばあちゃんに買ってもらえるもん」
「今日頑張って行ったら、何か好きなおもちゃ買ってあげようかな~」と言っても「別にいらないもん」
「今日お友達のJ君待ってるよ~」と言っても「J君のこと好きくないもん(ほんとは大好き)」
「お休みしておうちにいたら鬼さん来るよ~」と言っても「そんなの来るわけないじゃん」

ああ言えばこういう。
挙げ句の果てに「Kちゃん、イングリッシュ嫌いやもん。そんなに行きたいならお母さんが行ったらいいやん。」と( ̄Д ̄;)


また来週月曜日から格闘しないといけないと思うと、、、しんどい。。。
19 : 48 : 55 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

お弁当

長女のお弁当を毎日作り始めて1ヶ月が過ぎました。
今までプリスクールのお弁当デイでもコンビニで買ったサンドイッチを切って入れたことしかない私がおっお弁当を作っているって奇蹟です。
といっても週に1度我が家の救世主「ヨシケイ」さんが届けてくださるお弁当セット(お弁当用冷凍食品の詰め合わせ)をチンして入れているだけですが、これでも立派なお弁当の一種です。
キャラ弁とはほど遠いですが(キャラ弁なんて私にゃ~100年早い)、シンプルが一番。見栄えもしないしタコウィンナーや卵焼き(実は卵焼き作れません。私のお料理のレベルは所詮そんなものです)も入っていませんが、これが今の私には精一杯のお弁当なのです。
毎朝4時半に起きてこれですから、これ以上の物を求められるともう徹夜レベルです。

何しろ私の苦手なことベスト2「朝」「お料理」
これが見事に2つともこの春から入っています。
私のことをよく知るお友達に「朝4時半起きで~」というと決まって「えっ?4時半に寝てるんじゃなくって起きてるの?ほんとに?あれだけ太陽大嫌いって言ってたあなたが?ほんとに?」と。
そして早起きで体調を崩してないかどうかと心配してくれています。

お弁当に関しては、お弁当ブッグをプレゼントしてくれた方、イロハを教えてくれた方、冷凍食品までわざわざ用意してプレゼントしてくれた方、、、皆さんに本当にご心配いただきました。
私はなんて幸せ者なんだろうと思います。

皆さんに心配していただきながら、なんとかお弁当らしき物(これをお弁当と呼べるかどうかはいささか怪しいですが)は作れています。


マヨネーズだってご覧の通り適当にしかかけていません

このお弁当と果物とふりかけを一緒に袋に入れているのですが、それにもう1つ私流のスパイスを入れています。
それはミニ手紙

毎日お弁当の包みをあけると私からの愛のメッセージを一言書いて入れています。(パパが帰省中はパパにも一筆書かせています)
「今日は体育疲れたかな?いつもより早く寝ようね」
「お友達とどんなことをして遊んだりお勉強しましたか?」
「今日もいつもどおり駅の前で待ってるからね♡」
等々ほんと一言だけのミニレターなのですが、長女はとても喜んでくれています。



昨日長女にこんなお手紙をもらいました。

♡の包みを開けると「ママお手紙いつもありがとう。(涙)」と。
泣けてきます。

これから反抗期に突入し、朝もご機嫌斜めで家を出る事もあるかもしれませんが、このミニレターはずっと続けて行きたいな~と思っています。
お弁当は上手に作れないけれど、母の愛は詰まってます♡

00 : 39 : 11 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

今日からお迎えだけ

1週間の親子通学が終わり、今日から朝は上級生と登校している長女。(今頃電車の中かなぁ)
今朝ようやく上級生のパパにお会い出来ました。
自己紹介をし、お世話になっている御礼を言うと、「こちらこそお世話になります。一緒に行っていただいてありがとうございます」とご丁寧に話してくださいました。

一緒に行っていただいてって・・・うちの長女が100パーセントご迷惑をかけ、そしてややこしいのにも関わらずご丁寧に挨拶してくださいました。

やっぱり「蛙の子は蛙だわ

あのパパにしてこの子ありだと朝から感心させられました。
いつも一緒に行ってくれている上級生に先週末なんて

「お母様、もしよろしければN子ちゃんを私たちにおまかせいただけませんか?きちんとお教室までお連れしますので。ですので朝はもうお送りいただかなくても大丈夫ですよ。」
とありがた~いお言葉を頂戴致しました。

その言葉を聞いた時涙が出そうになったほど。

この子達日本の宝だわ

電車に乗る際もボックス席の窓際に長女を座らせてくれ、優しく話してくれていました。
そして何度も何度も長女のほっぺを優しく触るとうちの長女

「フニャ~」

また触られると

「フニャ~」


学校へ行く迄何度この鳴き声を聞いた事か分かりません。

ある日この上級生3人の胸元に校章とは違うバッチがついているのを発見。
3人ともが3人とも、学年始まって1学期に委員長とか副委員長に選ばれていました。
それを知って妙に納得。

駅を降りる際も混雑しているので、危ないからと後ろから長女のランドセルを支えてくれ、後ろからランドセルで長女を操作してくれていました。
電車を乗り換えないといけなく、乗り換えてからは座れないのですが(それまでは座れます)、長女がボォ~っとしていると後ろからランドセルで長女を操作しきちんと向くべき方を向かせてくれたり、も~本当に至れりつくせりです。

私は陰でその一番上級生の女の子をリーダーと呼んでいるのですが、も~リーダーに一生ついていきます!!

車内ではおしゃべり禁止なので、小さな子達が興奮して「キャッ」なんて言おうものならリーダーが「シッ!!」と口に指をあて優しく注意します。
折り紙やお絵描きをしたい時は小さな子達がリーダーに口パクで「おりがみ」というとリーダーがも~仕方ないな~といった感じでうなずき、折り紙を鞄の中から出して皆に配ってくれます。

まるで母です母。

こないだリーダーに「A子ちゃんって、まるでみんなのママみたいね。すごいネ」と言ったらリーダーのお言葉は

「そんな~、私お母様のようにしっかりしていませんよ」と。

いえいえわたしより十分しっかりされてますよリーダー。

グループの子達に聞いていると塾等に通っている子は全くいなく、皆さんお稽古ごとを熱心にされているようです。
「塾に行かなくても学校の事をきちんとしていたら大丈夫ですよ」とリーダーにも言われました。

前々から長女の小学校は大学受験まで塾はいらないとは聞いていましたがどうやら本当のようです。
毎年東大に何人というような有名進学校ではありませんが、指定校推薦で半数以上そこそこの大学に決まり、あとは関西でも「ああ~その大学知ってる」という学校に進学していきます。

なので鉢巻きしめて頑張るぞというタイプの学校ではないのです。
そういう学校を選んでるママ達なので、自然に雰囲気がみな同じようなのかもしれません。
「お勉強は二の次でもいいので、優しい女の子に育ってほしい」多くのママ達はこういう風に考えておられるようです。

躾やマナーを第一に考えている学校なので、我が家にはピッタリです。

少々おバカでも女の子らしく自分の事だけでなく人の事を考えれる子に育って欲しい


学校へ行くと、生徒一人一人が立ち止まり挨拶をしてくれます。
入学式の時なんて「本日はおめでとうございます」と深々と頭をさげられました、何人もの小学生に(^-^;
夫T男君なんてタジタジでした。
「俺でもあんなことよ~言わんわ~」
そりゃ~あなたには無理でしょうよ。プッ。

全校集会でもおしゃべりしている子なんて一人もおらず、頭がグラグラしている子もいない。
どの子も真剣に先生のお話を聞いていました。

学校では上級生が下級生をみるのが当たり前になっていて、朝も小学1年生のお世話係というのがあり、1年生1人1人に当番の上級生がつき、朝のお着替え等を手伝ってくれます。
どの子もイヤイヤやっている子はおらず、長女なんて上級生に何度も何度も頭を撫でられ「可愛い~」(←小さくて可愛い)と言ってもらいそこでもフニャーです。

それを見てまた上級生が「かわいいぃ~」と。

長女って結構世渡り上手なのかも。笑

そういう風に皆が皆上級生と関わって過ごして行くので、自然と上級生は下級生の面倒をみるのが当たり前という風になっていくようです。

長女も上級生を見習い優しいお姉さんになってくれたらなぁ。。。

でもそういうのを見ていたらますますうちの次女がこの学校には合わないように思えて来ました~。
絶対にカラーが違います。

よく言われます「長女ちゃん小学校決まったのね~あ~あの学校行かれてるのね~。ところで次女ちゃんはどうするの?ちょっと雰囲気が違う感じだけど」と(^-^;

どうしましょ。

それをリーダーに相談したら(もはやリーダーは私の相談役)
「大丈夫ですよ。私の妹もすごくやんちゃだったんですよ。でも小学校に入って少したつとすごくいい子になりました。やんちゃな子も他の子や上級生に習ってどんどん落ち着いてきますよ」と。

ハハ~リーダー様ありがたきお言葉~。

来週から毎週1回「母親教室」というのが始まります。
母としての子供への接し方等々の講習会があるそうです。
こうやって母も子も学校に鍛えられて行くのでしょうね。

参観日も近々あるのですが、その日は帰り道でゴミ拾いをしないといけません。

学習についていの説明会や講習会等はありませんが「人として」という事に力を入れているのでしょう。

久々自宅でゆっくりと朝食をいただいたので、長女を迎えに行くまで少しのんびりすることにします。

最後に長女が持つ携帯の「位置ナビ」を初めて使いましたが、長女の現在地、学校とは全然違います~(≧д≦)
500メートルくらいずれてます~(T▽T)


08 : 08 : 11 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ヘロヘロ

長女の通学が月曜から始まり、私も学校まで送り迎えをしているのですが、まだ三日目にして既にヘロヘロです。
長女は毎日楽しいようですが、私は慣れない早起きでクタクタ。
来週からは長女は上級生と一緒に登校できますが、帰りがまだ早い時間なので、当分は迎えに行かなくてはなりません。
通学は大変ですが、学校には本当に満足しています。
先生がたの言葉遣い、子供達同士の言葉遣いどれも満点です。
一緒に登校してくれる小学生のお姉さんに不安な気持ちを言ったら「お母さま、わたくしたちが学校まできちんとお連れしますのでご心配されなくても大丈夫ですよ。」と諭されました。小学生に(⌒-⌒; )どちらが大人か分かりません。
車中ではおしゃべり禁止なので、上級生達はコソコソとしかしゃべりません。そこいらの大人よりマナーすごくよいです。
そして一人の上級生が取り出したのは折り紙。朝から優雅に折り紙をして登校しました。
混雑する車内から降りる際には手をしっかりつないでくれ、学校まできちんと送り届けてくれました。
校門でお礼を言うと「お教室までお連れしますね」と行ってしまいました。
その子にどうしてそんなにも丁寧に接してくれるのか聞いてみると「わたしもお姉様方にお世話をしていただき、毎日通学していたので、今度はわたしがお世話をする番です」と。。。
こんな小学生いまどきいるんですね(T_T)長女もお姉さん達みたいになれるのかしら?
だけど慣れぬ親子通学に22時には夢の中です。(長女は20時就寝)
明日も頑張るぞ~
15 : 54 : 06 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

小学校との出逢い

長女が4月から通う小学校は我が家から電車で1時間くらいのところにあります。
受験勉強を始めた2年前には、考えてもいなかった小学校に結局行くことになったのですが、1年ほど前に運命的な出逢いをしました。

あれは忘れもしない夫T男君とのショッピングデートの日、道に迷った私たちがたまたま通った道にたまたま長女が4月から通う小学校があり、たまたま下校時間で、深々と先生に頭を下げ挨拶をした後に校庭を出る子供達に遭遇。

私もT男君も「うわぁ~かわいい~」と思わず声をあげてしまったほど可愛らしい子供達。
「こんな学校行けたらいいねぇ。もっと近かったらいいのにねぇ。。。」とその学校に好印象をもちました。
そしてそのあとショッピングをしていると、T男君のパパから「長女が行方不明になった」という心臓が止まるような電話がかかってきたのでした。
結局長女は数時間後に警察官によって無事発見されたのですが(おばあちゃんちにいた長女は自宅に帰りたくなり一人で戻ったものの自宅は施錠されており、またおばあちゃんちに戻る途中に発見されました)、受験日にT男君が「あの長女がいなくなった日に、この小学校の横通ったよなぁ。あの日どうしてこんな細い道通ったんだろうなぁ。なんか不思議やわ~」とポツリと言っていたのを聞き、長女の通う小学校との運命的な何かを感じました。

自宅から遠いからとその小学校を受験するつもりはなかったのですが、なぜか引き寄せられ、学校見学に行った私たちは授業風景、子供達の様子等を見るうりに「この学校に通わせたい」と思うようになりました。

お勉強主体のガツガツした小学校ではなく、のんびりした長女にピッタリの、穏やかな感じの小学校です。

ただ、電車通学で、乗り換えがあり、バスにも乗るのがすごく心配。
乗り換えとか出来るのでしょうか?あの長女が。
誰にでもついて行きそうな長女。
誰かに話しかけられたら絶対に無視できない性格の長女。

この間小学校の招集で駅を降りた私たちの前を歩いていた女の人がいきなり止まり、おぇ~と吐いているのをみた長女は「助けないと」とその人の所へいき、自分のティッシュをそ何の躊躇もなくあげてしまうそんな子なのです。(次女なら絶対に知らぬ顔です)

そんな性格の長女ですから、本当に心配。

帰りの電車では、どうみてもちょっと怖い系の外国人に自ら近寄り話しかけ、私は真っ青になってしまいました。
アラブ系の外国人だったのですが、「こんにちは~」と笑顔で話しかける長女。
めっちゃコワオモテのその外国人が下車する際、長女に笑顔でブンブン手を振るのを横目に長女の通学に不安を感じました。

あ~も~こんなので通学できるのかしら?

不安と言えばもう1つ、「お母様の愛情を子供達へ」ということで給食がないこの学校(^-^;
1歳1ヶ月で今のスクールに入園した際に給食が食べれないだろうからお弁当を作って来てください。という先生に「どんなことがあっても責任を問いませんから、給食食べさせてください。食べれる物だけでいいので」と頼み込みまだ小さい長女に無理矢理給食を食べさせた鬼母の私。
そんな私がお弁当なんて。。。絶対無理。
でも作らないと。
それだけでメニエール病が悪化しそう。笑
いや笑い事ではないのです。私にとっては大変な問題なのです。

あ~も~どうしましょ。
朝5時前に起き、お弁当作れるのかしら?
あ~も~ほんとどうしましょ。

ホームで誰かに押されて落ちたりしないかしら?
痴漢にあわないかしら?
電車事故に巻き込まれないかしら?

も~不安がいっぱいです。
GPS携帯を持たせる予定で現在予約中ですが、ストーカーのごとく、一日何十回もどこにいるか検索してしまいそうです。
16_pic_02.jpg



あとココセコムも申し込まないと~。
img_charge_02.gif


小学生になってくれるのは嬉しい反面、不安が多いです。


最後に今日のルーク。
完全熟睡中なのですが、牙が出てます。
生まれてこのかた怒ったことのないルークですが、牙が出てるとちょっと怖いです。
moblog_4b6d3aaa.jpg

唇をめくり、牙を収納しておきました。(それでも気付かずイビキをかいてねています)
ルーク見てるだけで癒される~。
レトリバーもシェパードも大型犬大好きです(*^V^*)
03 : 09 : 36 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

制服採寸


朝から二人で小学校へ。
毎朝一人で電車に乗り、通えるのかしら???
乗り換えもあるしとっても不安です。
でも可愛い子には旅をさせろ!なので、旅をさせてみるかぁ。。。大丈夫かなぁ。
08 : 17 : 43 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

小学校受験

ちょうど長女が年少クラスになった時から一つ一つ準備をしてのぞんだ小学校受験。
毎日の公文プリントにプラスして受験用プリントをこなし、スランプになりながらもこの三年間毎日頑張りました。
おかげで、いい結果で幕を閉じたわけですが、、、
moblog_ef6b4a53.jpg

全てが終わり、今とても悩んでいます。
本当に毎日遠くの小学校まで通わせていいのか?
学費は払っていけるのか?(私や夫T男君健康でいれるのか?)
朝が大の苦手な長女と私が毎日起床できるのか?(私5時、長女5時45分)
お料理が苦手な私が毎日お弁当を作れるのか?(これが一番不安かも(^-^;  )
電車の乗り換え、バスの乗り換えが長女に出来るのか?
私1人でこれから子供達それぞれの学校行事(どちらのスクールも自宅から遠し)に参加できるのか?
行き帰りの道中で危険な目に遭わないだろうか?

なにより、私が選ばせようと思っている道は長女にとって本当にベストな道なのだろうか?

そう考えるとどんどんどんどん悩んでしまいます。


00 : 26 : 27 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

大好きな先生が2人もいなくなる~

春は別れの季節といいますが、今月で2人もの先生が退職されます(T▽T)
も~悲しい。悲しすぎる。

一人は長女がスクールに入園してからずーっとずーっとみてくださっていた先生。
長女がいたずらをしても何をしてもその先生から出てくる言葉は「ほっんと可愛いですねNちゃんって」の一言だけ。
まさしく保育士さんをする為に生まれて来たのでは?と思うほどいい先生で、保護者からの信頼もとってもあつい先生。
特に小さな子の扱いが上手で(小さな子なんて私からすると小悪魔の集団です)、この先生の頭の上にはいつも天使の輪がついているんじゃないかと思っていたほどでした。
今次女が主に毎日みていただいているのですが、また4月からもこの先生にみていただけると思って安心していたのに、いなくなるなんて~
も~4月からどうしたらいいんでしょ~。
幸い次女のクラスは他にも2名とっても良い先生がいらっしゃるので、安心は安心なんですが、でもでもこの先生には次女が卒園までお世話になりたかった。

そしてもう一人の先生は、私が出産と次女の心疾患で実家に長い間滞在していた時の長女の担任の先生でした。
優しいだけではなく時には厳しく、まさしく魔の3歳児にはもってこい!の先生でこれまた信頼のおける先生でした。
再来年度はこの先生にうちのワンパク次女がお世話になる~と思っていたので、またもや大ショック。
うちの次女ビシバシ鍛えていただく予定だったのに、この先生がいなくなったらうちの次女どうなっちゃうんでしょ~。

なんで、二人もいい先生が同時にやめちゃうの???
きっといろんなご事情がおありなんでしょうけれど、あ~も~辛い~。
夫T男君の転勤も辛かったけれど、それと同じくらい先生達がいなくなるのは辛いです。

これだから3月は大嫌い。
お別れの季節のこの時期は本当に嫌いです。

はぁ~ほんと辛い。
23 : 32 : 05 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑

次女のイングリッシュ

次女が長女と同じスクールに入園しはや3ヶ月が過ぎました。最近通園バスにも行きも帰りも乗れるようになり、母はラクラク次女もノリノリで通っています。
なんたってバスは自宅から徒歩5分のところで拾ってくれ、そして下ろしてくれるのですから家事もはかどるっていうものです。
朝は7時45分に自宅を出て、そして帰りは17時に待ち合い場所へ行きます。長女の送り迎えでバスをずっと見て来た次女には、「バスに乗れる」=「大人への第一歩(ちょっと大げさ?!)」のようなところがあり、バスに乗る時と降りる時は誰かどんなに手を貸そうとしてもその手を払いのけ自分の体ほどある大きなバッグを肩にかけ乗降しています。園児用のバスといってもその階段の1段1段は2歳になりたての次女には大きな段。

園での生活は楽しいようで、毎日お気楽生活のようです。まだ小さいのでレッスン中もあまり注意されず好きな事をしているようですが、外でのレッスンで暑いと木陰で休み、そして自分が気に入ったレッスンや歌やダンスが流れると木陰から出て来て参加し、また木陰へと帰って行くという個人プレーをしているようです。
何しろクラスメイトはたった2人。一つ上の2歳&3歳児クラス(幼稚園でいうと幼少クラスの一つ下)に属していますが、本当は4月までは1歳児クラスです。英語の保育園ってたくさん出来ていますが、今のスクールのように保育面、広い園庭、先生の質に置いて秀でているスクールを未だ見た事がありません。

欲を言えば色々あります。

私の好きなモンテッソーリーやシュタイナーの教育方法等を取り入れてほしい。
パスワード制の日記(ブログ)を作ってほしい
ネイティブ先生にもう少し早い英語で(ナチュラルイングリッシュ)話してほしい。

色々あるって言っても考えてみたらこれくらいでした(^-^;
要するにとっても満足して通わせているということでしょうか。

近辺でも一気に英語の保育園やら幼稚園が4校ほど出来、一応どれも見学や体験に行きました。が、今のスクールを転園させてまで「行かせたい~!!!」と思ったスクールは1つもありませんでした。
園庭がなかったり、教室の広さが十分じゃなかったり、数が少なかったり(モンテッソーリーやシュタイナー方式で縦割りクラスにしています。というところがありましたが、どう見てもモンテやシュタイナーを取り入れているとは思えないようなごちゃまぜ、ぐちゃぐちゃクラス)、先生の数が少なかったり、施設が充実してなかったりと。

今のスクールは本当に充実しています。
・広くて明るいトイレ。おまけにピカピカ(先生がいつもお掃除されています)。
・広い広い園庭。
・各クラス専用のお教室。
・先生の質(日本人先生は全員保育士の免許をお持ちで、英語もお話されます。しかもどの先生も本当にいい先生。一人として「あの先生は。。。」という先生がいません)
・各クラスに担任の日本人先生と外国人先生がいる
・個人のレベルに応じたリーディングテキストを採用しているので、英語が苦手なご両親のお子さんで家でのフォローが全く出来なくても気付くとテキストをスラスラ読んでいる。

本当に満足満足です。
ちなみにリーディングのテキストでは親同士のバトルが繰り広げられていて、テキストのレベルを上げるのに親の方が必死。週に1度リーディングのテストが個人個人であるのですが、読んで理解出来ているとスタンプを各ページに押してもらい、最後迄行くと次のレベルのテキストをもらえます。

まだ数冊しか終わっていないママさんがたは「うちの子は落ちこぼれ~」と気に悩んでおられます。
せっかく個人のレッスンタイムを設けて、指導&テストしてくれているんだから、いくら進むスピードが遅かったとしても、そんなの気にする事ないんじゃない?と思います。だってそうじゃないと個人個人のレベルにあわせて進んでいる意味がないですものね。
ゆっくりでも早くてもその子に応じたレベルで進んで行くことに意味があるのでは?

ママ達の間で繰り広げられているリーディングテキストバトルに我が家は全くもって参加していませんし、参加する気も更々なく、家で練習するわけでもないのですが(これは本当は練習しないといけないとは主増すが)、テストの日は皆さん園までの車内で練習(もちろんおうちででも)、そして駐車場についてからもまた練習。その光景を見た私はかなりひきました~。

そしてママ達が口を揃えて言う事は「あんなテキストやったって意味がない!!」

いえいえ、意味がありますよママさまがた。あれがあるからこそ気付くと英文を読んでいるという摩訶不思議な出来事が起こるのですよ~。と心の中では叫びながらも聞き流しています。そんなに意味がないというんだったらスパルタ練習しなきゃいいじゃない?と思ってしまいます。
そう我が家みたいにスクールまかせにしておいてもいいんじゃない?笑
うちなんてこの間先生に「お母さん!!家でリーディングの練習していますか?長女ちゃんここ2週間全くリーディング進んでいないのですが。練習していただけますか?」とお叱りを受けました(^-^;
だって、毎日家に帰ってから、家の教材こなすだけで精一杯なんですもの~。リーディングのテキストはスクールにおまかせしてま~す。うちは進まなくてもいっこうに構わないんです~。とは言えず、スミマセンと謝って帰ってきました。

ちなみにその36冊あるテキストでですね、今うちの子は、、、6冊目です(^-^;
そして1番進んでいるお子さんで8冊目か9冊目らしいで~す。
うちは本人の実力で頑張ってもらおう!!と思っています。(あくまで自宅で練習する気が全くない母です。)実を言うと、おもしろくないんですそのテキスト。(って前にも描いたような)ほんとおもしろくないんです。あんなの練習してたらこっちの方が眠くなる~。自宅で私自身が「やりたいな」と思うものしか取り入れていないので、そのテキストはまぁスクールで長女に励んでもらいましょう(^-^)


またまた話が脱線しまくりですが、肝心要の次女のイングリッシュ。
最初は単語レベルだったのですが、最近それが文章になってきました。
I want to do it.
I did it.
長女 is sleeping?
Where is Luke?

こんな感じでどんどんと英文を話し始めました。
長女が2歳0ヶ月の頃って、こんなに話してたっけ???と思うほどです。
ただ、日本語もとっても達者です。これを見ると母語が発達している子は第二言語も上達するというのも本当なんだな~と思います。

これからも精進したまえ我が家の次女ちゃん。

追記:写真のお鼻が赤いのは、鼻血ではなく、スクールでしたピエロペイントがお鼻部分だけ残っているからです。このお鼻でイオンに行き、関西のおばちゃま方に「お鼻どうしたの?」と聞かれました。
09 : 11 : 33 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

プリスクールの夏祭り

夏祭りの動画はコチラ~7/24のページへ
16 : 38 : 43 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

学芸会

もうすぐ長女N子の通うスクールで生活発表会(学芸会)があります。
N子に何をするのかというと
Little Red Riding-Hood」と。
リトルレッドライディングフドゥってなんぞえ?
内容を聞いてみたら「赤ずきんちゃん」でした。(little red riding hood そのままやん!!)

何故か全員の台詞を覚えていて、毎日お風呂で練習させられています。(私が)
「マミー今日はウルフね」
「マミー今日はバードね」
そんなわけで母の方が台詞をほぼ覚えてしまいましたわよ。
だってN子監督が「ハイ、ここで「Hello. What's your name?」って言って」等台詞を丁寧に教えてくれるのですもの。
当日どなたかが欠席の際には私が代わりに出演出来そうなほどです。
もちろん歌も踊りもちゃんと出来ますよ。笑

肝心のN子の役ですが、なんとなんと赤ずきんらしいです。
いろいろ役がある中でどうしてN子が赤ずきんなのか定かではありませんが、一体どういう基準で役を決めたのか。
クラスでも特に目立つ存在ではないし、英語が飛び抜けて良く出来るのでもなさそうですし。。。(最近ようやく比較級を使い初めたくらいです)
N子だと「木」の役とかだと思っていた私も夫T男もびっくりです。

来月いよいよ本番です。
一体どんな赤ずきんちゃんなのか、こちらの方がドキドキです。

今日は次女K子が思いのほか長いお昼寝で(一応生きてます)、ブログも更新。
日中二人きりの生活をしている私達ですが、も~私の声は毎日ガラガラ。
「三度の飯」と同じくらい絵本好きなK子に毎日一体どれだけ読まされている事か。。。

「どんなに忙しくてもよっぽどの事がない限り、絵本を読んでと持って来た時は読んでやろう」というのをいつも思い読んでやっています。
N子の為に買った絵本達も200冊くらいになり、それを抜粋してリビングの絵本箱に入れているのですが、そこから代わる代わる持ってくるんです。
N子の小さい時は、最後までおとなしく聞いている事が出来ず、1冊読んでは放浪、また一冊読んでは放浪を繰り返していましたが、K子ときたら、1歳になった頃にはもうおすわりして絵本を最後まで聞けるようになっていました。(えっ?これって普通?)

N子に放浪癖があったので、「あぁ~子供ってじっと座って絵本聞いてくれるもんなんだ~」とその時初めて知りました。
でも、K子って馬鹿の一つ覚えのように何冊も何冊も持ってくるんです。
私絶対一日50冊は読んでるはず!!
そう自信を持って言えるほど、読まされています。

いくら絵本は出来る限り読んでやろうと思っている私も疲れるので、寝た振りをしていると絵本の角で頭をゴンゴン思いっきり殴られてしまうのです。
そんなわけで今日も朝からみっちり1時間読まされました(T▽T)
お昼寝から起きるとまた読書。
嬉しい悲鳴だけど、ほどほどにしてほしい。
おかげで私は家事がはかどりません。
夕飯の支度も朝から4回くらいにわけてやってます。
だってキッチンにまで絵本を片手におっちらほっちら。

絵本好きは母にとって嬉しいけれど、ほどほどにしてほしい。というのが正直な気持ちです。

だけど子供って本当に賢いです。
絵本の文章をほとんど覚えてしまい(日本語も英語も)私が読むより先にそれらしき文章を言っています。
ほんと二人目は何でもが早いのでびっくりです。
長女が次女くらいの時は「マミー」と「ダディー」くらいしか言えなかったように思います。

そろそろ絵本オタクが起きそうなのでこのへんで~。
お玄関の写真はまた次回~♪(まだ写真をパソコンにいれてません(T▽T))

17 : 07 : 21 | プリスクール、小学校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

えむこ

Author:えむこ
☆私:主婦
☆夫T男:マイペースな典型的O型人間。結婚してからお料理の腕をめきめきあげ、今じゃいつでも主夫出来るほど。育児も完璧でまるでママのようなパパです。
☆長女N子:8歳小2。プリスクールに1歳から5年と5ヶ月通い卒園。現在私立小学校に通っています。性格は夫と同じくかなりのマイペース人間。英語の上達もお勉強もかなりマイペース(^-^;。現在英検2級に挑戦中。
普段は穏やかな海のように心が広くて優しい。がたまに嵐になることも。

☆次女K子:5歳年中。1歳10ヶ月から長女と同じプリスクールに通い始めました。英語は長女より覚えが早そうです。が、ほとんど英語を話している姿を見る事はありません。彼女の口から出るのはバリバリの関西弁のみ。英語で話しかけても日本語で答えます。英検5級をいつかは受ける予定。
長女と正反対の性格で、かなりのお転婆。毎日手をやいています。まるで火の妖精のごとく激しいです。

☆ルーク:10歳。英国系のフラットレトリバーですごく良い血筋でありながら、天然ボケボケ。お留守番はすご~く苦手で分離不安症という精神病をずっと患っています。いろんな事を試し、ようやく4時間お留守番が出来るようになった。カモ?!性格だけは良く、生まれてこのかた他の犬に噛まれても何をされても怒ったことはありません。虫さえも友達だと思っているフレンドリー犬。フレンドリーすぎて嫌われてしまうことも多々あり。この10年大きな病気をせずに元気でいてくれてることに感謝。でも怪我での受診はとても多いです。

カレンダーと過去の記事

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

我が家の関係サイト

カテゴリ

我が家の本棚&お買い物リスト (1)
未分類 (71)
ホストファミリー (4)
病気、怪我、矯正 (126)
お知らせ (27)
私 (14)
夫 (7)
長女と次女 (22)
お買い物~ (37)
次女 (29)
ルークと子供達 (26)
長女 (46)
お出かけ (22)
プリスクール、小学校 (18)
イベント (5)
DIY、手作り (8)
インテリア、雑貨 (31)
ルーク (28)
母乳育児 (6)
妊娠・無痛分娩 (56)
ルークの分離不安症 (37)
コストコ (4)
子供達のグッズ (54)
プライベートページ (28)
英語 (31)
携帯電話から (200)
我が家の関連サイト (1)
本、ワークブック、その他教材 (21)
チャレンジ(進研ゼミ) (6)
毎月のプライベート写真&動画集 (31)
いただきもの (17)
習い事 (1)
小2レベルの本 (2)

我が家の本棚

アマゾンで購入した本やグッズ達。クリックすると詳しく見れます。

最近の記事+コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。